その他のサービス

無重力簡易実験 体験談

無重力簡易実験に参加された方の体験談をご紹介します。

【BK様より】

「無重力簡易実験を終えて」

 20年以上前、テレビ番組で無重力体験の映像を見て、それ以来ずっと憧れていた無重力の世界を、まさか自分が体験できるとは夢にも思っていませんでした。
 迎えた実験当日は寒冷前線の影響による荒れ模様の天候で、飛べるのだろうかと思いながら名古屋空港へ向かい、迎えに来てくださったDASさんの車で構内へ。
 そこでなんとパイロットの方が同乗!天候のことなど忘れて一気に気分が盛り上がってしまいました。

 飛行前のオリエンテーションで実験内容の説明をしたのですが、他の皆さんはとても楽しい実験を用意されていて、もう少し何か準備しておけばよかったなと思いましたし、リピーターの方や宇宙旅行に申し込まれた方がおみえになったのは驚きました。
 寒冷前線の通過が早くなり、飛行前のブリーフィングも予定通り行われ、いよいよ無重力の世界へ。

 小型の飛行機は結構揺れると思っていましたが、実験機のガルフストリームⅡは大型旅客機より乗り心地がよく快適です。水が使えないのでトイレは使用禁止と説明があり、なるほどと思ってしまいました。
 1回目のパラボリックフライトは、自分の体をコントロールできる自信がなかったので、シートベルトを緩めに締めてその時を待つことに。

 30秒前のコール後しばらくして1.8Gの加重力に襲われ、何をするのも筋力不足といった感じで、これは絶叫マシンでも体感した事はありません。
 耐えていると突然重力から解放され、代わりに強烈な浮遊感がやってきて、体がふわーっと空中に浮き上がりました。浮く瞬間の感覚は絶叫マシンと同じですが、無重力は1回あたり20秒もありますし、シートベルトをはずして手放しで浮いていると、自分の体が空中に浮かんでいるという事をはっきりと実感でき、とても気持ちよくて楽しいです。シートを拠りどころにすれば、けっこう簡単に自分の体をコントロールできます。

 3回目と6回目~8回目の計4回、フリーエリアで浮遊する事が出来ましたが、一度体を動かすと上下がわからなくなり、体の向きを変えるために機体の壁を押すと、機体のほうが逃げていくような感覚になって楽しいのですが、宇宙飛行士は大変だろうと思いました。
 私が持ち込んだ実験「絡まりやすくなったヘッドホンは無重力で絡まるのか」は見事に絡まって大成功でした。「目をつむると気持ちがいい(某飛行士談)」はハイテンションだったためよくわかりませんでしたし、「フィギュアスケートのスピンの動き」と「床だと思ったほうが床になるのか」は、前途の浮遊感覚によりうまく動くことができませんでした。
 月の引力も体験できましたが、約0.17Gでも手は浮き上がりますし、うまく飛び跳ねる事ができませんでしたが、とても不思議な感覚でした。
 みなさん酔いましたが、フライト後の懇談会では食事を完食してしまいましたね。

 最後に、楽しい思い出を準備してくださった関係各位、そしてタフで楽しい同乗者の仲間に感謝します。

【OW様より】

「無重力簡易実験を行って」

 パラボリックフライトに関して、テレビなどで宇宙飛行士がその訓練の一環として行っていることは知っておりました。しかし、まさか自分が体験することになろうとは、今回友人に誘われるまで夢にも思いませんでした。

 フライトの当日は生憎の雨模様になり、近づいてくる台風によって実験の挙行自体が危ぶまれておりました。そんななか、ダイヤモンドエアサービスのスタッフとのブリーフィングは穏やかな雰囲気に包まれていて、参加者に安心感を与えてくれました。

 参加者の顔ぶれも多彩で、それぞれが持ち寄った実験のアイデアも個性的なものが多く、フライトへの期待は高まるばかりでした。フライト直前に出されたランチをパラボリックフライトで発生する2G−0Gで酔うことを危惧して残す方が多い中、私は卑しくも全部平らげてしまいました。結果的には、ある程度腹が満ちていた方が加速度に対して耐えられたような気がしました。

 台風の進路によっては日本海側でフライトが行われるというお話でしたが、30分遅れたものの予定通り伊勢湾上空へ向かうことになりました。お揃いのオレンジ色のつなぎに着替えた参加者の面々は、いやがうえにも不安と期待に胸をふくらませておりました。

 今回乗り込むガルフストリーム2は推力重量比がよいのか、普段海外へ旅する旅客機よりも遙かに短い時間でどんよりとした雲を抜け伊勢湾上空に達した気がします。今回の参加者には2回目の方もいらっしゃいましたが、初めて参加する面々には緊張と不安の色が見受けられました。

 最初に新婚のご夫妻が『指輪の交換実験』をされていました。電光掲示板が見やすい位置にあるおかげで、Gがどのくらいかかっているか一目で分かります。ご夫婦は正装された状態で縦横無尽に機内を飛び回り、見事2回目に指輪を交換されていました。最初にこの実験をされたことにより、参加者は華やかでリラックスしたムードになりました。

 次にいよいよ私の番が回ってきました。私の課題は、『ペンチの挙動』と『無重量状態での社交ダンス』です。まず最初にペンチを飛ばすことにしました。実際に体験する前の想像ですと、無重量状態は水中に浮くような感じ、前後の2Gは人一人背負った状態のようなものだと思っておりました。しかし、自分の身体に受けた感覚は、0G、2Gともに今まで体験したことのないものでした。何事も、その場、その状況にならなければ分からないものだと思った次第です。

 ペンチは無重量状態になると、重心に対して先端と柄が反転するような動きをするようです。軽い入力で動きが大きく出るよう、事前に動きの軽いものを選び抜いて用意しました。そして、どこかへ飛んでいってしまわないように、安全性を考えて柄に紐をくくりつけておきました。いよいよ無重量状態になり、ペンチを飛ばしながらデジカメで動画撮影をいたしました。自分の身体も回りながらペンチを追うのは、かなり困難な作業でした。後になって考えますと、実験者は身体をどこかに固定していた方がいいように思いました。撮影した動画を見直しましたら、ペンチが重心に対して反転しようとするのを紐が引っ張って邪魔しているように見受けられました。もう一度チャンスがあれば、今度は紐なしでチャレンジしてみたいですね。

 次に行ったのが社交ダンス実験です。私自身、社交ダンスの経験はほとんどありませんでしたが、パートナーの手ほどきにより遂行することができました。無重量前の2G状態で相対しておりましたら、自然と土下座の形になってしまいました。しかしそのことによって、この形になると意外にGに耐えられることに気づきました。どうやら、高Gがかかる時は横になるか土下座の形が良いようです。あと、一番身体的に辛かったのは、2Gから0Gになる瞬間でした。0Gから2Gになる過程では何故か不快感を覚えませんでした。

 無重量状態で行った社交ダンスは、二人の身体を軸にして駒のように回るような状態になりました。そのうち、二人とも天井にくっつくような形となり、私の頭を支点として回転を始めました。無重量状態において、壁をどのように利用するかが身体操作の要点になるかもしれません。とりあえず、この実験は成功のうちに幕を閉じました。

 今回の特色としまして、最後に1/6Gのフライトを行っていただきました。これは月の重力と同じですから、月面に降りた宇宙飛行士の気分を味わうことが出来ました。身体に感じる感覚は、0G状態とほとんど変わらなかったものの、1/6Gによってゆっくりと落下していく様が不思議でした。小さな力で大きく飛び跳ねますから、狭い空間では注意が必要なことでしょう。

 全ての実験を終え、コクピットも拝見しました。機長、副操縦士達の沈着冷静な操縦を見て、今回のフライトがパイロットの卓越した技量に支えられたものだと改めて気付かされました。

 一時は台風の影響でどうなるか不安だったものの無事名古屋空港に戻り、参加者は貴重な体験をした満足感と同時に、苦楽を共にした仲間意識が芽生えていたように思います。また機会があったら是非参加したいですね。なお、今回の参加者にはスペースシップ2で宇宙に行かれる方もいらっしゃいました。時代はもう、そこまで来ているのですね。

 最後に快適で安全なフライトを提供してくださったスタッフの方々に感謝します。

PAGE TOP