平成20年度 有人サポート委員会宇宙医学研究推進分科会
第4回 宇宙医学生物学ワークショップ
「新たな宇宙医学生物学研究分野の開拓・最先端研究手法応用の可能性」


主催:独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)

日時:2009年3月17日(火) 13:30 〜 16:30

場所:(財)日本宇宙フォーラム 第1会議室
東京都千代田区大手町2−2−1 新大手町ビル7階
(地下鉄各線「大手町」駅B3出口直結、JR「東京」駅徒歩3分)
URL:http://www.jsforum.or.jp/outline/info.html

会場の関係で先着20名様程度となりますが聴講頂けますので下記までお申込みください。

問合せ・申込み先:
以下の申込み先にFAXもしくは電子メールでお申込み下さい。
(財)日本宇宙フォーラム 広報・調査事業部(担当:小林)
FAX:03-5200-1420 (FAX申込みフォーム)
TEL:03-5200-1302
電子メール:spmedws@jsforum.or.jp

開催概要:
JAXA宇宙医学生物学研究室は昨年度に引き続き、国際宇宙ステーション(ISS)で
計画する宇宙医学研究を紹介し、宇宙医学生物学研究を多くの国内研究者の参加
を得て推進するために、年数回程度ワークショップを開催し、今後の宇宙医学生物学
の研究推進に役立てています。
今回は、最先端技術を用いた医学・生物学研究を行う研究者らから、各研究分野
ならびに最先端技術を用いた実験手法について講演していただき、宇宙医学研究に
応用できる新たな研究手法について議論することを目的としております。
一般の方もご聴講頂けますので、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

講演予定:
(1)「DNAコピー数多型と癌感受性」
 佐々木功典 先生(山口大学大学院)
(2)「メダカ骨形成」
 工藤明 先生(東京工業大学)
(3)「遺伝子改変マウス作製技術の進歩と医学研究応用」
 高橋智 先生(筑波大学大学院)
(4)「カイコ幼虫の医薬品評価のための実験動物としての新しい使い方」
 関水和久 先生(東京大学大学院)
(5)「細菌の環境応答と病原性の 分子基盤」
 太田敏子 先生(JAXA/筑波大学大学院)
(6)「宇宙で脳を測る:ウェアラブル光トポグラフィの可能性」
 小泉英明 先生(日立製作所/科学技術振興機構/東京大学)
(7)総合討論

トップへ