ごあんない

今年3月と6月に日本実験棟「きぼう」をスペースシャトルで打ち上げ、8月から「きぼう」船内実験室での実験を開始しました。これまで、実験テーマの準備をしてきた研究者や実験装置の開発に携わってきた技術者など、利用の準備に関わってきた多くの人々にとって本当に待ちに待った瞬間でした。更に、来年には若田宇宙飛行士が日本人宇宙飛行士として初の約3ヶ月にわたる長期滞在を行うとともに、「船外実験プラットフォーム」を組立て、曝露環境を利用した実験を開始します。今後、科学研究や産業応用研究、宇宙医学研究、教育・人文社会科学などの多様な分野での利用を展開していく予定です。
今回のワークショップでは、「きぼう」の組み立て状況や実験結果の速報などをハイビジョン映像で紹介する他、「きぼう」での実験によって期待される科学的成果や私たちの日常生活に密接した成果を紹介するプログラムとなっています。また、宇宙医学研究成果がどのように地上の生活で役立てられようとしているのかなどを紹介する対談も予定しています。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

開催要項 参加費無料

開催日時: 平成20年12月8日(月)
10:30−17:05(受付開始時間 10:00〜)
開催場所: 一橋記念講堂
定員: 550人(事前申込み制)

※当日は、ワークショップ会場において、模型及びパネル展示を行います。

主催: 宇宙航空研究開発機構
共催: 文部科学省
後援: 総務省

第29回宇宙ステーション利用計画ワークショップ
運営事務局

(財)日本宇宙フォーラム内 小林 / 羽生田
TEL:03-5200-1302 / FAX:03-5200-1420
e-mail:
協賛
(社)応用物理学会、(社)化学工学会、(社)計測自動制御学会、(社)高温学会、(社)高分子学会、独立行政法人 情報通信研究機構、(社)精密工学会、炭素材料学会、 (社)低温工学協会、(社)電気化学会、(社)電気学会、(社)電子情報通信学会、日本宇宙生物科学会、(社)日本エネルギー学会、(社)日本化学会、(社)日本機械学会、(社)日本金属学会、(社)日本経済団体連合会、日本結晶学会、日本結晶成長学会、(社)日本高圧力技術協会、(社)日本航空宇宙学会、日本骨代謝学会、日本細胞生物学会、日本材料科学会、(社)日本材料学会、(社)日本実験動物学会、日本植物学会、(社)日本鉄鋼協会、日本電気泳動学会、日本動物学会、日本熱物性学会、日本発生生物学会、(社)日本物理学会、日本分子生物学会、日本放射線影響学会、日本マイクログラビティ応用学会、(社)日本薬学会、(社)日本ロボット学会、バイオメカニズム学会 <五十音順>(予定含む)