宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際シンポジウム

プログラム

宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際シンポジウム

2月28日(木) 3月1日(金)

※都合により、講演内容及び講演者は変更される場合があります。
※海外からの講演者の発表は、英語になります。(同時通訳有)

第1日目
Day 1
2月28日(木)
Thursday, 28 February 2019
  ■開会挨拶 Welcome Remarks
10:00-10:10 平井卓也 内閣府特命担当大臣(宇宙政策)
Mr. Takuya Hirai, Minister of State for Space Policy, GOJ
  ■来賓挨拶 Guests Speeches
10:10-10:30 伊藤 弘 内閣官房国家安全保障局内閣審議官〔海将補〕
長岡 寛介 外務省総合外交政策局参事官(政策企画・国際安全保障担当大使)
佐伯 浩治 文部科学省研究開発局長
石川 武 防衛省防衛政策局次長

Rear Admiral Hiroshi Ito, Cabinet Councilor, National Security Secretariat, Cabinet Secretariat, GOJ
Mr. Kansuke Nagaoka, Deputy Assistant Minister, Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs / Ambassador (Policy Planning & International Security Policy) , GOJ
Mr. Koji Saeki, Director-General, Research and Development Bureau, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, GOJ
Mr. Takeshi Ishikawa, Deputy Director-General, Bureau of Defense Policy, Ministry of Defense, GOJ
10:30-12:10 ■基調講演 Keynote Speeches
“宇宙状況把握と安全保障・抑止力の強化”
ジョン・F・トンプソン中将 米国空軍宇宙司令部宇宙・ミサイルシステムセンター司令官
“Space Situational Awareness and Enhancing Security and Deterrence”(TBC)
Lt. Gen. John F. Thompson, Commander, Space and Missile Systems Center, Air Force Space Command, U.S.A.

“宇宙交通管制(STM)の進展、その実施における政府と民間部門の潜在的役割、そして国際協力”
ケビン・M・オコンネル 米商務省海洋大気庁宇宙商業室部長 
“Evolution of STM, the potential roles of government and the private sector in its implementation, and international cooperation.”(TBC)
Mr. Kevin M. O’Connell, Director, Office of Space Commerce, NOAA, U.S. Department of Commerce, U.S.A.

“国連宇宙平和利用委員会 科学技術小委員会 宇宙活動ワーキンググループの長期持続性に関する報告”
ピーター・マルティネス 国連宇宙平和利用委員会科学技術小委員会宇宙活動の長期持続性作業部会前議長、セキュアー・ワールド財団理事
“Report on Long-term Sustainability of Outer Space Activities Working Group, STSC of COPUOS”
Dr. Peter Martinez, Former Chairperson, Long-term Sustainability of Outer Space Activities Working Group, STSC of COPUOS, Executive Director, Secure World Foundation. U.S.A.

“日本の宇宙政策”(TBC)
髙田修三 内閣府宇宙開発戦略推進事務局長
“Space Policy in Japan”(TBC)
Mr. Shuzo Takada, Director-General, National Space Policy Secretariat, Cabinet Office, GOJ

“JAXAにおけるSSAと関連活動”
山川 宏 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長
“SSA and its related activities in JAXA”
Dr. Hiroshi Yamakawa, President, JAXA
12:10-13:20 昼食 Lunch Break
13:20-15:45 第1部:
宇宙状況把握
モデレータ:
ダグラス・L・ロベロ
 元国防副次官補(宇宙政策担当)

“日本におけるSSA活動の最新情報”(TBC)
南雲憲一郎 防衛省航空幕僚監部防衛部長(空将補) 

“JAXAにおけるSSA活動の最新情報”(TBC)
小川眞司 JAXA追跡ネットワーク技術センター長

“宇宙のミッションアシュアランスのためのSSA”
ジョン・D・ヒル 米国防総省宇宙政策主席部長

“スペースフェンスの最新情報”
マシュー・ヒューズ ロッキード・マーティン社ビジネスマネージャ

“将来の大型衛星コンステレーションとSSAの課題”(TBC)
トラビス・ラングスター AGI社SSAビジネスユニット副社長

“SSAに資する宇宙設置型望遠鏡を含む衛星技術”
イェンス・ウッツマン エアバス・ディフェンス・アンド・スペース、スペース・システム、将来プログラム、プロジェクトマネージャー

Session 1:
Space Situational Awareness
Moderator:
Mr. Douglas L. Loverro
, Former Deputy Assistant Secretary of Defense for Space Policy, U.S. Department of Defense, U.S.A.

“Update of SSA Activities in Japan”(TBC)
Major General Ken-ichiro Nagumo, Director General, Defense Planning and Policy Department, Air Staff Office, Ministry of Defense, GOJ

“Update of SSA Activities in JAXA” (TBC)
Mr. Shinji Ogawa, Director, Space Tracking and Communications Center, JAXA

“SSA for Space Mission Assurance”
Mr. John D. Hill, Principal Director for Space Policy, U.S. Department of Defense, U.S.A.

“Update of Space Fence”
Mr. Matthew Hughes, Manager, Business Development, Space Fence & Space Surveillance Programs, Lockheed Martin, Rotary and Mission Systems, U.S.A.

“Future Large Satellite Constellations and the SSA Challenges”(TBC)
Mr. Travis Langster, Vice President, Space Situational Awareness Business Unit, Analytical Graphics Inc. (AGI), U.S.A.

“Space-based solutions for SSA”
Dr. Jens Utzmann, Project Manager,Security in Space, Future Programmes - Military&Security,Space Systems,Airbus Defence and Space GmbH,Germany
15:45-16:00 コーヒーブレイク Coffee Break
16:00-17:50 第2部:
宇宙交通管制
モデレータ:
テレサ・ヒッチェンス
 米メリーランド大学国際安全保障研究センター(CISSM)上級研究員

“米国宇宙交通管理における国務省の役割”
ケン・ホジキンズ 米国務省海洋環境科学局宇宙先端技術部長

“国際宇宙機関間スペースデブリ調整委員会(IADC)の紹介”
大西 充、JAXA研究開発部門未踏技術研究領域上席、IADC JAXA 代表、前IADC議長

“SSAとSTMを支援する軌道デブリの軽減”
ジェイ・シー(J-C)・リュー、NASA軌道デブリ計画室チーフサイエンティスト

“提案された大規模なLEOコンステレーションが存在する場合の宇宙交通管理のための追跡要件”(TBC)
グレン・ピーターソン 米国エアロスペースコーポレーション株式会社


Session 2 :
Space Traffic Management
Moderator:
Ms. Theresa Hitchens
, Senior Research Scholar, Center for International and Security Studies at Maryland (CISSM), University of Maryland, U.S.A

“Roles of DOS for US STM”
Dr. Ken Hodgkins, Director, Office of Space and Advanced Technologies Bureau of Oceans Environmental and Science, U.S. Department of State, U.S.A.

“Introduction on the Inter-Agency Space Debris Coordination Committee(IADC)”
Mr. Mitsuru Ohnishi, the deputy-director for innovative technologies, the head of JAXA delegation for IADC, the former chair of IADC

“Orbital Debris Mitigation in support of SSA and STM”
Dr. Jer Chyi (J-C) Liou, Chief Scientist, Orbital Debris Program Office, NASA, U.S.A.

“Tracking Requirements for Space Traffic Management in the Presence of Proposed Large LEO Constellations”(TBC)
Dr. Glenn Peterson, The Aerospace Corporation Inc. U.S.A.
  終了 Adjourn
18:15-19:30 レセプション(協賛企業主催)
Networking Reception Hosted by Industries
第2日目
Day 2
3月1日(金)
Friday, 1 March 2019
10:00-12:10 第3部:
軌道上サービスと宇宙デブリ除去
モデレータ:
トッド・マスター
 米国防総省高等研究計画局戦術技術室プログラムマネージャー

“JAXAにおけるアクティブデブリ除去技術開発”
山中浩二 JAXA 研究開発部門第一研究ユニットユニット長

“国防総省高等研究所の静止衛星に対するロボットサービス(RSGS)計画”
トッド・マスター 米国防総省高等研究計画局戦術技術室プログラムマネージャー

“新しい時代を可能にするロボットサービスミッションRestore-L”
ベンジャミン・リード NASAゴダード宇宙飛行センター宇宙衛星サービス計画副部長

“CONFERS; 商業衛星サービスを可能にするための規格の育成”
デイヴィッド・バーンハート 南カリフォルニア大学宇宙工学科宇宙工学研究センター教授、CONFERS事務局

“商業スペースデブリ除去ミッション”
岡田光信 アストロスケール創業者兼CEO


Session 3 :
On Orbiting Services and Space Debris Removal
Moderator:
Mr. Todd Master
, Program Manager, Tactical Technology Office (TTO), Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA), U.S.A

“Active Debris Removal Technology Development in JAXA”
Mr. Koji Yamanaka JAXA

“DARPA’s Robotic Servicing of Geosynchronous Satellite (RSGS) program”
Mr. Todd Master, Program Manager, Tactical Technology Office (TTO), Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA), U.S.A.

“Enabling a New Era; Robotic Servicing Mission Restore-L”
Dr. Benjamin B. Reed, Deputy Division Director, Space Satellite Servicing Projects Division, NASA Goddard Space Flight Center, U.S.A.

“CONFERS; Fostering Standards to Enable Commercial Satellite Servicing”
Dr. David Barnhart, Professor, Space Engineering Research Center, Department of Astronautical Engineering, University of Southern California, Secretariat of CONFERS, U.S.A.

“Commercial Space Debris Removal Mission”
Mr. Nobu Okada, Founder and CEO Astroscale Holdings Inc., Singapore
12:10-13:30 昼食 Lunch Break
13:30-15:20 閉会セッション:
パネルディスカッション
トピック:
“ますます混雑する宇宙をどのように管理するの?”
モデレータ:
テレサ・ヒッチェンス
 米国メリーランド大学
吉冨進 日本宇宙フォーラム宇宙政策調査研究センターフェロー
パネリスト:
ジョン・D・ヒル
 米国防総省宇宙政策主席部長
ケビン・M・オコンネル 米商務省海洋大気庁宇宙商業室部長
トッド・マスター 米国防総省高等研究計画局戦術技術室プログラムマネージャー
ジェイ・シー(J-C)・リュー、NASA軌道デブリ計画室チーフサイエンティスト
青木節子 慶応義塾大学大学院法務研究科教授
小塚荘一郎 学習院大学法学部教授
鈴木一人 北海道大学公共政策大学院教授

Closing Session :
Panel Discussions
Topics:
“How do we manage increasingly congested space?”
Moderator:
Ms. Theresa Hitchens
, Senior Research Scholar, Center for International and Security Studies at Maryland (CISSM), University of Maryland, U.S.A
Mr. Susumu Yoshitomi Fellow, Space Policy Research Center, Japan Space Forum
Panelists:
Mr. John D. Hill
, Principal Director for Space Policy, U.S. Department of Defense, U.S.A.
Mr. Kevin M. O’Connell, Director, Office of Space Commerce, NOAA, U.S. Department of Commerce, U.S.A.
Mr. Todd Master, Program Manager, Tactical Technology Office (TTO), Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA), U.S.A.
Dr. Jer Chyi (J-C) Liou, Chief Scientist, Orbital Debris Program Office, NASA, U.S.A.
Prof. Setsuko Aoki, Keio University
Prof. Souichirou Kozuka, Gakushuin University
Prof. Kazuto Suzuki, Hokkaido University
15:20-15:30 閉会挨拶
行松泰弘 内閣府宇宙開発戦略推進事務局審議官

Closing Remarks:
Mr. Yasuhiro Yukimatsu, Deputy Director-General, National Space Policy Secretariat, Cabinet Office, GOJ
15:30 閉会 Adjourn

(敬称略)

お申し込みはこちら

事務局・お問合せ先

一般財団法人 日本宇宙フォーラム
E-mail:stableusesympo@jsforum.or.jp
TEL:03-6206-4903
FAX:03-5296-7010

2018年シンポジウムのHPはこちら
2018 Symposium HP

2017年シンポジウムのHPはこちら
2017 Symposium HP

2016年シンポジウムのHPはこちら
2016 Symposium HP

サイトポリシー

*応募いただきました個人情報につきましては、日本宇宙フォーラムにて管理し、本シンポジウムの運営のみに使用します。法令などにより開示を求められた場合を除き、個人情報をご本人の同意を得ることなく募集業務に関与する者以外の第三者に開示することはありません。
詳しくは日本宇宙フォーラムの個人情報保護ページをご覧下さい。