宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際シンポジウム

シンポジウム概要

宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際シンポジウム

開催趣旨

今、地球規模課題の解決に宇宙が果たす役割が増大している。エネルギー問題、気候変動問題、環境問題、食糧問題、大規模自然災害等、一国のみでは対応が困難な地球規模の課題が顕在している中、海外各国は「広域性」、「同報性」、「対災害性」等の特徴を有する人工衛星等から成る宇宙システムの活用を積極的に進めている。
他方、宇宙空間の安定的利用を妨げるリスクが深刻化している。宇宙空間を利用し、経済社会や安全保障上の恩恵を享受する国が増える一方、小型衛星を含めた人工衛星の数と共に、宇宙ゴミの数が急増しており、海外各国の宇宙空間の安定的利用にとって深刻な懸念となっている。
また、我が国を巡る安全保障環境が一層厳しさを増す中、我が国の国益を長期的視点から見定め、国際社会の中で我が国の進むべき進路を定めるべく、国家安全保障の基本方針として「国家安全保障戦略」が平成25年12月に策定された。これを踏まえ、我が国は自衛隊の部隊の運用、情報の収集・分析、海洋状況把握(MDA:Maritime Domain Awareness)、情報通信、測位といった分野において我が国等が保有する各種衛星の有効活用を図るとともに宇宙状況把握(SSA:Space Situational Awareness)、の体制を構築することとしている。また、政府が宇宙開発利用を推進し、これを支える技術を維持・発展させるに当たっては、中長期的な観点から国家安全保障に資するように配意することとしている。
このような中、我が国は平成28年4月に閣議決定された宇宙基本計画に示されているとおり、海外各国と連携しつつ、宇宙空間の安定的利用を妨げるリスクに対して適切に対応していく必要がある。本国際シンポジウムは、宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際的な議論に寄与すると共に、我が国の本課題に対する効果的かつ効率的な宇宙政策に資することを目的とするものである。

Purposes of the Symposium

Today, the role that the space should play to resolve the global issues is increasing. In the midst of issues, such as Energy, Climate change, Environment, Food shortage, Large-scale nature disaster, etc. being actualized, which are very severe to be resolved by one nation, foreign countries are actively promoting utilization of the space system consisting of the satellites, etc. with the features covering “Widespread area”, “Broadcastability” and “Resilient to disasters”.
On the other hand, the risks of hampering the stable use of space are getting worse. While the countries enjoying benefits from the economic society and security with the utilization of the space are increasing, the number of space debris surges with increase of the satellites including small satellites in the space. Those issues are serious concerns for the stable utilization of the space for the all of the world.
Increasing harshness of the security environment surrounding our country, “National Security Strategy” was formulated in December, 2013 as a key principle of the national security in order to set a course that our nation should steer in the international society with a long-term perspective of our national interests. Based on this, our nation is to establish the system of the Space Situational Awareness (SSA) with effective utilization of various satellites possessed by our nation, etc., in the fields of troops operations of the Japan Self-Defense Forces, Information collection and its analysis, Maritime Domain Awareness (MDA), Information-Communication and Measurements. In order the government to promote the space development and utilization, maintain and develop the technologies supporting the mentioned-above, they shall be considered to contribute the national security in mid-and long term.
Under the circumstances, our nation needs to respond properly to the risks hampering the stable utilization of the space by cooperating with the foreign countries, as indicated in the Basic Plan for Space Policy approved by the Japanese cabinet in April, 2016. The purpose of this symposium is to contribute to the effective and efficient space policy of our nation concerned with secure of the stable utilization of the space.

開催概要

日時 平成29年3月2日(木)~3日(金)(2日間)
場所 THE GRAND HALL (品川駅港南口)
主催 内閣府宇宙開発戦略推進事務局
協力(予定) 総務省、外務省、文部科学省、経済産業省、防衛省
事務局 一般財団法人日本宇宙フォーラム
TEL 03-6206-4903
FAX 03-5296-7010

Date 2-3 March 2017
Venue The Grand Hall, near JR Shinagawa Station, Tokyo
Host The National Space Policy Secretariat, Cabinet Office, Government of Japan (GOJ)

事務局・お問合わせ

一般財団法人 日本宇宙フォーラム
E-mail:stableusesympo@jsforum.or.jp
TEL:03-6206-4903
FAX:03-5296-7010

2016年シンポジウムのHPはこちら
2016 Symposium HP

サイトポリシー

*応募いただきました個人情報につきましては、日本宇宙フォーラムにて管理し、本シンポジウムの運営のみに使用します。法令などにより開示を求められた場合を除き、個人情報をご本人の同意を得ることなく募集業務に関与する者以外の第三者に開示することはありません。
詳しくは日本宇宙フォーラムの個人情報保護ページをご覧下さい。