宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際シンポジウム

シンポジウム概要

【令和2年3月31日掲載】

宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際意見交換会
International Workshop on ensuring Stable Use of Outer Space
~Challenge to the Further Space Development~ 更なる宇宙開発への挑戦

2月27日、28日に開催を予定しておりました「宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際国際シンポジウム~更なる宇宙開発への挑戦~」は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、中止とさせていただきました。その代わりに、参加者を制限し、シンポジウム発表者による発表を中心とする意見交換会として開催させていただきました。ご発表を頂いた各パネリストのご了解を得て、発表資料等を公開します。意見交換会では各パネリストより、今後の宇宙空間の安定的利用の確保に関する日本の官民の取り組みの参考となると思われる非常に有意義な発表が行われましたので、ご利用いただければ幸いです。

International Workshop on ensuring Stable Use of Outer Space
~Challenge to the Further Space Development~

"International Symposium on Ensuring Stable Use of Outer Space" – Challenge to the Further Space Development-, planned on last February 27 and 28 was cancelled considering current situation of COVID-19 epidemic. The organizer of the symposium held an international workshop with limited audience and expected speakers of the symposium instead. The speakers kindly approved to publish their presentation materials on this website, to which the organizer feels very grateful. The speakers made very valuable presentations on the stable use of outer space at the workshop, which are expected useful for the effort by the public and private sectors in Japan. We hope these materials should attract your interest.

【令和2年2月21日掲載】

更なる宇宙開発への挑戦

内閣府主催の国際シンポジウム開催要領の変更について

この度、2020年2月27日・28日に開催を予定しております「宇宙空間の安定的利用の確保に関する国際シンポジウム~ 更なる宇宙開発と利活用への挑戦 ~」について、新型コロナウイルス感染拡大の防止という観点から再度検討した結果、開催を中止させて頂くことを決定致しました。
なお、本シンポジウムで発表が予定されておりました各パネリストからの発表資料等につきましては、後日、本ホームページ上にて公表すべく、調整を進めさせて頂きます。皆様のご理解ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

Cacellation of "International Symposium on Ensuring Stable Use of Outer Space"

As the Organizer, Government of Japan has decided "International Symposium on Ensuring Stable Use of Outer Space", which was scheduled on February 27 and 28, 2020, in consideration to prevent further expansion of infection by the new coronavirus.
The presentation materials which are originally prepared by the speakers for this symposium will be posted on the website later. We apologize for any inconvenience this may have caused to the participants.

Thank you for your understanding.

開催趣旨

これまでに打ち上げられた衛星等(ISS輸送機等を含む)は2019年5月時点で8500機を超えており、高度が下がって落下したものや地上に回収されたものを除いても、軌道上に約5,000機以上存在している。
その様な中、2007年には中国による物理的破壊を伴う自国衛星の破壊実験が行われ、3,000を超えるデブリが発生した。また、2009年には、軌道高度約790kmにおいて米国イリジウム社の通信衛星とロシアの軍事通信衛星が衝突、2016年には、欧州のSentinel衛星のデブリによる損傷が確認される等、宇宙空間における物理的衝突によるデブリも発生している。更に、2018年には運用終了した米国オーブコム社の通信衛星の破砕によるデブリも発生している。
また、現在、我が国を取り巻く安全保障環境は格段に早いスピードで厳しさと不確実性を増している。宇宙安全保障分野においても、他国による対宇宙兵器(ASAT)の開発や電波妨害(ジャミング等)、不審な動きをする人工衛星活動が報告されるなど、宇宙安全保障を巡る脅威が高まっている。こうした中、米国では、2019年3月、国防総省が宇宙軍(Space Force)の創設に係る立法提案を議会に提出し、宇宙安全保障の強化に向けた取組が進められており、2019年8月29日、米国国防総省は、戦略軍やサイバー軍に続く11番目の統合軍として、宇宙空間での作戦行動を総括する「宇宙統合軍」(USSPACECOM)を発足させた。
この様な状況に対応するため、我が国は、平成28年4月に閣議決定された宇宙基本計画において、海外各国と連携しつつ、宇宙空間の安定的利用を妨げるリスクに対して、適切に対応していくことが必要である。平成30年12月の宇宙開発戦略本部会合で決定された宇宙基本計画工程表において、令和元年度以降の取組として、「宇宙状況把握(SSA)の体制検討・関連する人材育成・国際連携の推進」及び「宇宙交通管制(STM)の国際的な動向等の調査・SSA情報の利活用の検討」が明記されており、今後のSSA及びSTMのあり方について検討していく必要がある。

Purposes of the Symposium

More than 8,500 satellites (including transfer vehicles to ISS) had been launched as of May 2019, and after having those collected or fallen out the altitude, more than 5,000 are still in orbit.
Meanwhile, China conducted an anti-satellite missile test in 2007, which accompanied physical crash creating more than 3,000 debris in outer space. Also an accidental collision had occurred in 2009 by two communication satellites of the U.S. Iridium and Russian military colliding at an altitude of 789 kilometers. In 2016, damage caused by debris had been found on one of the Sentinel satellites of Europe. These physical collisions had increased the number of debris in outer space. Furthermore, the retirement of communication satellites of Orbcomm (U.S.) in 2018 had resulted in additional debris to the number we acknowledge today.
Currently, the environment of national security of Japan is becoming more difficult and uncertain than ever before.  Space security segment is facing serious threat of anti-satellite weapons (ASAT) developed by few countries, and such facts as electromagnetic interference (such as jamming) and unknown satellites making suspicious moves are accelerating the threat. Under this circumstance, in U.S. last March, United States Department of Defense announced that they have forwarded to Congress a proposal to create the U.S. Space Force to strengthen space security. And on August 29th this year, United States Space Command (USSPACECOM) had been established as their eleventh unified command following to United States Strategic Command and Cyber Command.
In this movement, Japan need to cooperate with other nations based on Basic Plan for Space Policy authorized at the Cabinet meeting in April 2016, and should take actions for risks that discourage sustainable space utilization. The schedule of Basic Plan for Space Policy planned at the Strategic Headquarters meeting for Space Development in December 2018 had set the objectives in “establishment of organization for Space Situational Awareness (SSA) and encouraging related human development and international cooperation” and “Researching international activities in Space Traffic Management (STM) and discussion for SSA information utilization”. Our major topics are thus SSA and STM to define for practical plans.

 

開催概要

日時 令和2年2月27日(木)~2月28日(金)(2日間)
場所 三田共用会議所 (東京都港区三田2丁目1番8号)
主催 内閣府宇宙開発戦略推進事務局
協力(予定) 総務省、文部科学省、経済産業省、防衛省
事務局 一般財団法人日本宇宙フォーラム
TEL 03-6206-4903
FAX 03-5296-7010

Outline of the Symposium

Date 27th (Thu) - 28th (Fri) February, 2020
Venue Mita Kaigisho (2-1-8, Mita Minato-ku, Tokyo)
Host National Space Policy Secretariat
Cabinet Office Sponsors (TBD) Ministry of Internal Affairs and Communications, Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Ministry of Economy, Trade and Industry, Ministry of Defense
SSA Secretariat Japan Space Forum
TEL 03-6206-4903
FAX 03-5296-7010

参加申し込み

お申し込みはこちら

事務局・お問合わせ

一般財団法人 日本宇宙フォーラム
E-mail:stableusesympo@jsforum.or.jp
TEL:03-6206-4903
FAX:03-5296-7010

2019年シンポジウムのHPはこちら
2019 Symposium HP

2018年シンポジウムのHPはこちら
2018 Symposium HP

2017年シンポジウムのHPはこちら
2017 Symposium HP

2016年シンポジウムのHPはこちら
2016 Symposium HP

サイトポリシー

*応募いただきました個人情報につきましては、日本宇宙フォーラムにて管理し、本シンポジウムの運営のみに使用します。法令などにより開示を求められた場合を除き、個人情報をご本人の同意を得ることなく募集業務に関与する者以外の第三者に開示することはありません。
詳しくは日本宇宙フォーラムの個人情報保護ページをご覧下さい。