International Symposium on Lunar Science and Exploration using Data from Multi-Instruments

この10年間で月科学や月探査技術は、JAXAの月周回衛星「かぐや」(SELENE:セレーネ)を含む探査機の観測成果により、大きく前進しました。これらの成果を踏まえ、様々な観測成果や月から持ち帰られた岩石等の分析結果を合わせた、新たな研究を始める時が来ています。そこで、このたび「SELENEシンポジウム2013」を開催することといたしました。

研究者向けの講演発表と、一般の方々向けの企画の両方を行いますので、月科学に関係する科学者、技術者の皆様ならびに一般の方々のご参加をお待ちしております。

SELENEシンポジウム2013 月・惑星探査講座

日程:2013年1月23日(水)~25日(金)
※研究者向けの講演発表
日 程 1月23日(水)終日、24日(木)終日、25日(金)17時30分まで
場 所 宇宙科学研究所 本館2階大会議室
※一般の方々向けの企画「月・惑星探査講座」 (共催:相模原市教育委員会)- 世界の月・惑星探査計画、「かぐや」の成果、など
日 程 1月25日(金) 18時00分開場、18時30分開演
場 所 相模原市立博物館 地下1階 大会議室

月・惑星探査講座の詳細はこちら
※事前登録は締め切りました。参加をご希望の方は当日直接会場へお越しください※

インターネット中継

日本語 英語

研究者の方は下記の英語案内ページをご覧ください。

Significant progress in lunar science and technology has been made through orbiter missions including our SELENE (Kaguya) in the last decade. It is time to start new analyses, for instance using data from multi-instruments and/or lunar samples.
To this end, we are pleased to announce an international symposium on lunar science, the SELENE SYMPOSIUM 2013. All scientists, engineers around the world who are interested in lunar science are invited to come together for beneficial discussions on the new views of the origin and evolution of the Moon. Presentation topics will be widely opened.

See the details of SELENE Symposium 2013

Public lecture will be held at 18:00 on 25th(Fri.) January at the nearby
Sagamihara City Museum. Participants to the symposium may attend this
lecture. This lecture will be also broadcast through internet on
following URL.

Japanese English


お問い合わせ先
SELENEシンポジウム2013事務局
selene_symp_2013 planeta.sci.isas.jaxa.jp
TEL:03-6206-4902 FAX:03-5296-7010

Contact
SELENE Symposium2013 Secretariat
selene_symp_2013 planeta.sci.isas.jaxa.jp
TEL: +81-3-6206-4902 FAX: +81-3-5296-70100