広報・イベントサービス

プランニング例

はやぶさ

宇宙飛行士

ロケット

ここにプランニング例詳細が表示されます。上記よりお選びください。

はやぶさ 展示例

タイトル

小惑星(ほし)へ行く船 ~小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」~

コンセプト

2010年6月13日、地球にカプセルを送り届けて大気圏に突入し、夜空を駆ける美しい流れ星となった「はやぶさ」。
この日をきっかけに世界中で大きな話題となり、その後本物の帰還カプセルが日本全国で展示されました。

2015年12月には後継機の「はやぶさ2」が地球スイングバイを成功し、現在順調に小惑星リュウグウに向かっています。

「はやぶさ」と「はやぶさ2」について展示しその業績を知ることで宇宙への興味を喚起し、未来を担う子どもたちが好奇心・冒険心・匠の心を感じ取ってくれることを期待します。

展示イメージ

  • 大型グラフィック
    大型グラフィック 「はやぶさ」その軌跡と奇跡!!
  • 小惑星探査機「はやぶさ」実物大模型
    小惑星探査機「はやぶさ」実物大模型
  • 「はやぶさ2」実物大模型
    小惑星探査機「はやぶさ2」実物大模型

はやぶさ

宇宙飛行士

ロケット

宇宙飛行士 展示例

タイトル

『宇宙に住むということ ~宇宙飛行士とその暮らし~』

コンセプト

「有人宇宙開発の明らかな利益として、次の世代を担う人たちに刺激を与えるという効果がある。子供たちを退屈させてはいけない」これは、民間宇宙旅行の開発に取組むアメリカの航空機エンジニア、バート・ルータン氏の言葉です。

宇宙飛行士はいつの時代も子どもたちのヒーローです。しかし、彼らが地球上でどのような訓練を受けて、宇宙でどのような環境で暮らしているかはあまり知られていません。

船外活動服での記念撮影や有人宇宙活動関連の模型展示を通じて日本人宇宙飛行士の活躍を応援することで、日本を誇りに思う心の育成に繋がることを期待します。

展示イメージ

  • 船外活動服(EMU)顔出しタイプ
    船外活動服(EMU)顔出しタイプ
  • 船外活動服(EMU)顔出しタイプ利用例
  • 大型グラフィック
    大型グラフィック 宇宙に進出する人類
  • 展示風景
    展示風景
  • ポスター展示
    ポスター展示

はやぶさ

宇宙飛行士

ロケット

ロケット 展示例

タイトル

ロケットペーパークラフト展
~ロケットはどうして宇宙にいくの?~

コンセプト

日本のロケット開発は、わずか23cmのペンシルロケットによる水平発射実験から始まりました。
その後、試行錯誤を経て、現在は宇宙に行く唯一の方法として、H-ⅡAロケット、H-ⅡBロケットやイプシロンロケットで人工衛星や探査機を宇宙に送り続けています。

ロケットは地上に例えると『運送屋さん』。安全に確実に宇宙機を軌道に送り届けるのが仕事です。そのためには、様々な工夫と知恵が詰まっています。

水戸市総合教育研究所の中川義通氏による世界のロケットペーパークラフト(1/100スケール)を一堂に展示することで、宇宙を目指した人類の「想い」が伝わってきます。 タイトルには、宇宙への輸送方法(HOW)と人類が宇宙を目指す理由(WHY)の2つの『どうして?』が内包されており、子どもたちの知的好奇心を刺激します。

展示イメージ

  • 大型グラフィック
    宇宙活動を支えた世界の主なロケット
  • 小惑星探査機「はやぶさ」実物大模型
    1/100スケール ロケットペーパークラフト
  • 「はやぶさ2」実物大模型

はやぶさ

宇宙飛行士

ロケット

展示会・イベント 実績例

JSFでは、数々の宇宙をテーマにした
		数多くの展示会を手掛けています。

実績例

展示イベント

その他のイベント

ショールーム運営

詳しいお問い合わせはこちらのフォームから
お問い合わせはこちら

PAGE TOP