地球をとりまく宇宙空間には、使い終わった人工衛星やロケットなどが 数多く残されています。これらは、宇宙のゴミ、「スペースデブリ」と呼ばれ、人類の宇宙進出によって生じた新たな環境問題となっています。

その対策の一つとしてつくられたのが、スペースデブリの観測施設です。日本では、この上齋原の地と、同じく岡山県南西部の美星の地に、2つのスペースガードセンターが建設されました。

上齋原スペースガードセンターでは、レーダにより低軌道のスペースデブリを観測します。また、美星スペースガードセンターでは、光学望遠鏡により、静止軌道付近のスペースデブリや、太陽系内の地球近傍小惑星を観測します。

上齋原スペースガードセンターで観測したデータは、美星スペースガードセンターで観測したデータと共に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターにある筑波中央処理局へネットワークを通して送られます。この筑波中央処理局で、スペースデブリの軌道決定やデータ登録、そして今後の運用計画の立案を行います。

こうして今後の宇宙ミッションにとって脅威となるスペースデブリのデータ登録と軌道管理を継続的に行います。これにより対人工衛星、対有人宇宙ステーションへのスペースデブリ接近の予測と衝突回避、スペースデブリ落下予報が可能なシステムをめざすことができます。