最新情報

2018.12.21
お知らせ「商業有人サブオービタル宇宙輸送研究会」発足について

近年民間で研究開発が進められている商業有人サブオービタル宇宙輸送について、ミッション、システムやインフラ等の技術面と法制面に関する国内外の現状と今後の動向を整理し、法制面の論点整理を行うことを目的として、関係する各分野の有識者をメンバー、また府省の関係者をオブザーバとする「商業有人サブオービタル宇宙輸送研究会」(以下「研究会」とする)が発足し、11月28日に初回の会合が、本日第2回の会合が開催されました。


研究会は、商業有人サブオービタル機を開発中の(株)SPACE WALKERとPDエアロスペース(株)が主催,中小ベンチャー宇宙ビジネス研究会が後援し、日本宇宙フォーラムが事務局となり、年度内に5回、毎月1回開催します。


研究の課題は、以下の通りです。

(1)国際動向
 諸外国の商業有人宇宙輸送機の開発や事業化、そして将来計画等の動向を共有する。

(2)我が国の有人宇宙輸送研究と地上インフラ設備
 国内の研究機関等が行ってきた有人宇宙輸送技術の研究,並びにそれに必要な地上インフラ設備等の計画の状況等を共有する。

(3)我が国の法制面の論点整理
 国内法の現状を整理し、商業宇宙輸送への対応等を研究する。

(4)今後の課題等のまとめ
 上記の検討の結果に基づき、商業有人宇宙輸送実現のための技術面の課題および法制面の論点整理を行う。


研究会は非公開となりますが、適宜プレスリリースいたします。


また、プレスリリースに関するご質問は、事務局である日本宇宙フォーラムホームページ
お問い合わせフォーム(http://www.jsforum.or.jp/inquiry.html)より受け付けます。(内容の冒頭に「商業有人サブオービタル宇宙輸送研究会宛てとお書きください。)研究会の承認を得てから、ご回答させていただきますので、よろしくお願いします。

PAGE TOP