最新情報

2018.08.01
お知らせS‐Bridge事業について

2018年3月に安倍総理によって、宇宙ベンチャー育成のための新たな支援パッケージが発表され、政府が一丸となって宇宙ベンチャーの育成を支援することとなりました。現在、経済産業省は宇宙ビジネス専門人材プラットフォーム「S-Expert」(仮称) を新たに構築しています。


これらの流れを受けて、 当財団(以下、JSF)は、 「S-Expert」(仮称)と連携しながら、定款が定める事業、「宇宙の開発に係る科学技術及びその他の科学技術に関する普及啓発、教育、人材交流」に基づき、宇宙産業の人材活性化を目的としたS‐Bridge事業を新たに立ち上げることになりました。


S‐Bridge事業は、日本の宇宙開発を支えてこられた宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)や大手宇宙メーカーのOB・OGをJSFパートナーとしてお迎えし、そのパートナーの皆様とともにJSFが培ってきたノウハウおよび人的ネットワークを基に宇宙ベンチャー企業等に対して技術面等の支援を実施して参りたいと考えている事業です。

また、JSFはJAXAや国立天文台等の国の研究開発機関の研究者および大学の教員等と連携を強め、シンクタンク機能を強化していくとともに、さらに、これまでJSFが取り組んできた広報普及・教育分野においても、文部科学省が推進するアウトリーチ活動※の場を積極的に提供していく所存です。


JSFは長年にわたり宇宙開発に携わってこられたJSFパートナーの知識・技術・経験を活用して次の世代へ引き継ぎ、さらなる日本の宇宙開発の発展のために尽力いたします。



※アウトリーチ活動
国民の研究活動・科学技術への興味や関心を高め、かつ国民との双方向的な対話を通じて国民のニーズを研究者が共有するため、研究者自身が国民一般に対して行う双方向的なコミュニケーション活動。




ビジネスフロー


JSFはJSFパートナーと宇宙ベンチャー企業等へのパイプ役として、これまでのキャリアやスキル、適性等を考慮の上、最適と思われる業務をアレンジします。 求人企業とJSFは請負契約を、JSFパートナーとJSFはその下請負契約を結ぶこととなります。


sbridge_img.jpg


お問い合わせ先


S‐Bridge事務担当 京田・高橋
TEL : 03-6206-4902



お問い合わせフォーム

inquiry_btn_01_on.png 

PAGE TOP