最新情報

2016.05.13
お知らせ「JSFだより 第80号」を発行しました

mail_logo.png

 

   

「JSFだより 第80号」を発行しました。
定期購読をご希望の方は、こちらからご登録ください。
http://www.jsforum.or.jp/magazine.html

 

 

◆◇◆   JSFだより 第80号

 
                                              発行:2016年5月13日
                                              一般財団法人  日本宇宙フォーラム

 
今年2月17日に打ち上げられたX線天文衛星「ひとみ」ですが、残念ながらJAXAから衛星の復旧に向けた活動は取りやめ、「ひとみ」の運用を断念、今後、今
回の異常に至った原因究明に専念することが発表されました。衛星によるX線天文観測は日本の得意とする分野で、「ひとみ」も大きな成果が期待されていました。一刻も早く原因が究明され、次期天文衛星が打ち上げられることを願います。(編集長YK)

 
<< 目次 >>

1.イベントガイド
 ・第24回衛星設計コンテスト参加登録受付中
  ・パソナ宇宙セミナー
 ・野村證券ハッピーライフセミナー

2.JSF活動報告
 ・宇宙実験支援~幹細胞を用いて重力を感じる仕組みを調べる~
 ・国際災害チャータ支援
 ・新しい宇宙活動を創出するための官民連携方策についての調査を実施

3.宇宙関連商品紹介
 ・「バルーンロケットをつくろう」販売のお知らせ

4.紹介コーナー
 ・「理事長の独り言」第13号掲載のお知らせ

 


◇◆1.イベントガイド

◆第24回衛星設計コンテスト参加登録受付中

衛星設計コンテストは8つの学会・機関が共同で実施している、高校生から大学院生を対象とした、宇宙教育プログラムです。国内外の学生から小型衛星をはじめとする様々な宇宙ミッションのアイデアを募集し、優秀な作品を表彰します。また、応募作品すべてに専門家からのアドバイスシートが発行されます。
時に厳しい指摘もありますが、本気で衛星設計に取り組みたいと思っている学生さんにはまたとない機会です。
現在、第24回衛星設計コンテストの参加登録を受付中です。ご自身で携わっておられなくても、お近くに衛星設計に興味を持っている学生さんやアイデアを持っている高校生がいらっしゃいましたら、コンテストがあることを是非お伝えください。
皆さんの作品をお待ちしています。

 

~年間スケジュール~
 5月31日(火)  参加登録
 7月 8日(金)  作品応募締切
 8月下旬~9月上旬  書類審査結果通知
11月12日(土)   最終審査会(関東近郊で開催予定)

 

詳しくはホームページ、または事務局までお問合せください。
皆様のご応募をお待ちしております。

 

衛星設計コンテスト事務局
(一財)日本宇宙フォーラム 広報・調査事業部内
TEL: 03-6206-4902 FAX: 03-5296-7010
E-mail: satcon24@jsforum.or.jp

 

http://www.satcon.jp/
△衛星設計コンテストHP

 


◆パソナ宇宙セミナー

「JAXA作成テキストで学ぶ、宇宙開発概論と宇宙利用の基礎知識」と題して、株式会社パソナの主催により、下記のとおり宇宙セミナーを開講いたします。
JSFではこのセミナーに講師を派遣し、セミナーの運営支援を行います。
宇宙や宇宙産業に興味のある方、宇宙ビジネスに関心のある方であればどなたでもお申し込みいただけますので、みなさまのご参加をお待ちしております。

 

講座内容・スケジュール:
 第1回 5/21(土)15:00~17:30【宇宙開発概論】
 第2回 6/11(土)10:00~12:30【日本の宇宙開発】
 第3回 6/25(土)10:00~12:30【宇宙技術を活用した社会応用】
場所:株式会社パソナ東京本社(東京都大手町)
定員:35名
料金:10,000円

 

http://ur0.link/tOTQ

△上記サイトからお申し込みください

 

 

◆野村證券ハッピーライフセミナー

野村證券株式会社が主催するハッピーライフセミナーで、JSFが宇宙の話をさせていただきます。
ハッピーライフセミナーは、野村證券が全国の本支店で開催しているもので、「より心豊かに、楽しく、ハッピーなセカンドライフを送る」ことを目的に、「楽しみ」・「住まい」・「健康」・「相続」・「もしもの時」というテーマごとに、毎回野村證券と各分野の専門家である企業各社の講師がお話をするセミナーです。
5月20日(金)午後に新宿野村ビル支店支店にお邪魔する予定で、「2016年宇宙の旅」と題し、宇宙にまつわる様々なお話しをさせていただく予定です。

どなたでもご参加可能で、以下のサイトからお申込みいただけますので、お近くの方はぜひお越しくださいませ。

 

http://www.nomura.co.jp/branch/branch/s_nbill.html
△野村證券新宿野村ビル支店ホームページ

 


◇◆2.JSF活動報告

◆宇宙実験支援~幹細胞を用いて重力を感じる仕組みを調べる~

人間の体は約六十兆個の細胞の集まりですが、実は、細胞1個1個にも重力がかかっており、細胞自身が重力の有無を感じることができます。
でも、細胞がどのように感じているか。その仕組みはまだ分かっていません。

名古屋大学の曽我部先生のチームは、地上では重力があるため、比重の大きな細胞内小器官が下に沈み、細胞膜を押したり引っ張ったりすることで重力を感じているという仮説を立てました。
そうすると、宇宙では、細胞内小器官が沈まないため、細胞膜の張力が変化せず、重力を感じることができないと考えられます。

この仮説を明らかにするために、JSFも支援して3回に分けて宇宙実験が行われ、最後の実験が2016年4月に実施されました。
今後得られたデータの解析を進めていきますが、宇宙で培養した細胞の骨組みや細胞内小器官の動態を詳細に解析することで、細胞が重力を感じるときの具体的なメカニズムが解明されることが期待されます。

 

http://iss.jaxa.jp/kiboexp/theme/second/cellmechanosensing/
△実験の紹介ページ

 


◆国際災害チャータ支援

大規模災害発生時に、地球観測衛星データの提供等を通じて、災害の把握、復興および事後処理等に貢献することを目的とした「国際災害チャータ」という国際枠組みがあります。
JAXAも、日本を代表してこの枠組みに加盟しており、意思決定や実務レベルでの運用に参画しているほか、陸域観測技術衛星「だいち2号」のデータの無償提供等で貢献しています。
JSFでは、JAXAが行う実務レベルでの運用を支援しています。

4月14日に発生した熊本地震においても、「だいち2号」をはじめ、国際災害チャータ加盟機関の地球観測衛星で撮影したデータを用いた解析結果が、内閣府の災害対応チームに届けられました。
地震により被災された地域におかれては、一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げるとともに、我々としても少しでも貢献してまいりたいと考えております。

 

https://www.disasterscharter.org/ja/web/guest/activations/-/article/earthquake-in-jap-1
△国際災害チャータホームページ(熊本地震のページ)

 


◆新しい宇宙活動を創出するための官民連携方策についての調査を実施

JSFでは、一般財団法人新技術振興渡辺記念会からの科学技術調査研究助成を得て、各種科学技術関連の調査を行っております。平成26年度下期は、「新しい宇宙活動を創出するための官民連携方策」をテーマに調査を実施し、この度、報告書を公開いたしました。
本調査では、特に宇宙分野において新興企業の進出が著しい米国の新興宇宙企業の活動の現状、新興宇宙企業をサポートする制度及び仕組みについて調査を行い、我が国の新しい宇宙企業創出のための示唆をまとめています。
調査報告では、今後、我が国において「民間事業の新規参入を後押しする制度的な枠組み」を検討する際に、民間宇宙活動の促進の観点を盛り込んだ宇宙活動法の制定の必要性や政府による開発支援・調達の一貫したプログラムの実施について提言しています。報告書は以下のリンク先からご覧ください。

 

http://www.jsforum.or.jp/2016/05/09/img/upload/new_business.pdf
△報告書のページ

 


◇◆3.宇宙関連商品紹介

◆「バルーンロケットをつくろう」販売のお知らせ

JAXA宇宙教育センターとJSFが共同で製作した工作キットがJAXA COSMODE(*)の商品になりました。
工作時間は15分程度で、スティックバルーンに重りや尾翼を貼りつけ、投げて飛ばすことができます。遊びながら宇宙やロケットに興味を持つことができる工作キットです。1キット200円(税抜)で販売しています。購入の際にはお問い合わせください。

 

お問い合わせ先
(一財)日本宇宙フォーラム 広報・調査事業部
TEL: 03-6206-4902 FAX: 03-5296-7010

 

*JAXA COSMODEは、宇宙の魅力を地上の生活へ届けるための「ブランド」です。
JAXAが保有する技術や画像から生まれた商品を通じて日々の生活に宇宙の魅力をお届けします。

 

http://www.jsforum.or.jp/2016/05/10/img/upload/Baloon.pdf
△工作キットの写真

 

Baloon1.JPG Baloon2.jpg

 

 

◇◆4.紹介コーナー

◆「理事長の独り言」第13号掲載のお知らせ

「理事長の独り言」と題して、JSF理事長が執筆するコラムをJSFのHPに掲載しております。現在新たに第13号を掲載中ですので、ぜひご覧ください。

 

http://www.jsforum.or.jp/info/2016/13.html
△【第13号】壊れてしまったASTRO-H「ひとみ」から何を学ぶのか?

 

 


■…配信停止はこちらへ
    https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=jsforum
■…ご意見・ご要望はこちらへ
    jsf-mm@jsforum.or.jp

発行:(一財)日本宇宙フォーラム
http://www.jsforum.or.jp/
人と宇宙をもっと身近に。

PAGE TOP