最新情報

2015.01.16
お知らせ「JSFだより 第64号」を発行しました

「JSFだより 第64号」を発行しました。
定期購読をご希望の方は、こちらからご登録ください。
http://www.jsforum.or.jp/magazine.html

 


◆◇◆      JSFだより 第64号


                                      発行:2015年1月16日
                                      一般財団法人  日本宇宙フォーラム


新年あけましておめでとうございます。今年もJSFメルマガをよろしくお願いします。
年が変わって早々ですが、1月9日に新しい宇宙基本計画が宇宙開発戦略本部で決定されました。既に報道されているとおり、安全保障面での利用が強化されている他、今後の実施工程が具体化してきました。この計画どおり、我が国の宇宙開発利用が推進されることを願います。(編集長YK)

 

<< 目次 >>

1.イベントガイド
 ・「油井亀美也宇宙飛行士と描く宇宙の夢プロジェクト展」開催
 ・「宇宙から見たオーロラ展2015」開催

2.特集
 ・デブリ季報~2014年前半の衛星破砕~

3.紹介コーナー
 ・テレビ朝日にて宇宙関連番組放送
 ・無重力簡易実験応募キャンペーン

4.宇宙関連商品紹介
 ・着用型船外活動服(EMU)ご活用紹介


◇◆1.イベントガイド

◆「油井亀美也宇宙飛行士と描く宇宙の夢プロジェクト展」開催

川上村文化センター からまつ広場特設ブースにて、当財団が企画協力させていただいた「油井亀美也宇宙飛行士と描く宇宙の夢プロジェクト展」が開催されています。
会場は、レタスで名高い長野県南佐久郡川上村。大都市圏のスーパーなどで、よく見かける名前かと思います。
実は、油井亀美也宇宙飛行士は星の綺麗なこの村で生まれ育ちました。出身地である川上村は、今年5月の打ち上げを控えて村あげての応援をと、この展示が実現しました。

有人宇宙飛行に的を絞ったこの企画展は、ソユーズ宇宙船の実際に使用されたシートや、ISS、「きぼう」などの模型などを展示しています。また、油井宇宙飛行士の子ども時代の作文や卒業アルバムなど、地元ならではの展示も盛りだくさん。また、顔出し宇宙服や川上村マスコットキャラクター「レタ助」での記念撮影をすることもできます。

日  時:12月20日(土)~3月1日(日) 
場  所:川上村文化センター からまつ広場特設ブース(長野県南佐久郡川上村)
入館料:無料

川上村ホームページ 
http://www.vill.kawakami.nagano.jp/


◆「宇宙から見たオーロラ展2015」開催

コニカミノルタプラザ(東京都新宿区)で、特別企画展「宇宙から見たオーロラ展2015」が開催されています。
すっかり冬の恒例(今年で8回目!)となったこの写真展は、宇宙から、地上から撮影したオーロラの写真が見ることができると、幅広い世代の方が来場されています。今年は、昨年ISSに長期滞在された若田宇宙飛行士が撮影した写真も展示されるとのことです。
期間中、オーロラ研究の第一人者である上出洋介先生のイベントや、オーロラのライブ中継なども開催されます。
当財団は、この展示に展示用EMUを提供しております。
寒い季節にしか見ることができないオーロラ展にぜひご家族でお出かけください。

日  時:1月6日(火)~2月8日(日) 
場  所:コニカミノルタプラザ(東京都新宿区)
入館料:無料

アクセスなど詳しい情報は、下記のアドレスにてご確認ください。
コニカミノルタプラザ公式サイト
http://www.konicaminolta.jp/plaza/


◇◆2.特集

◆デブリ季報~2014年前半の衛星破砕~

2014年前半において、衛星軌道上で7回の衛星破砕が発生しました。詳細は以下のとおりです。

(1)コスモス1867:旧ソ連が原子力電池のテストのために打ち上げた衛星
 破砕時期:2014年3月後半
 破砕した際の軌道:775km×800km、軌道傾斜角:65°
※コスモス1867の破砕の状況は現時点では不明ですが、2008年7月に破砕を起こしたコスモス1818の姉妹機です。このコスモス1818の破砕原因は不明ですが、冷却材由来の6個の物体が米国宇宙監視網(SSN)に登録されました。

(2)デルタ2ロケット第2段:1999年2月にARGOS先進研究・地球観測衛星、デンマーク初の人工衛星ORSTED、南アフリカのSUNSAT衛星を打ち上げたロケット
 SSNに登録された破砕物体数:6個
 破砕時期:2014年4月30日
 破砕した際の軌道:635km×840km、軌道傾斜角:96.5°
※宇宙開発が始まった最初の10年間、デルタロケット第2段の多くはタンクの残留燃料が原因で破砕事故を起こしていました。しかし、1982年以降デルタ2上段は軌道上デブリを発生させる衛星破砕に対する対応が取られるようになりました。

(3)コスモス2428:2007年6月に打ち上げられたロシアの電子偵察衛星
 SSNに登録された破砕物体数:4個。15~17個のデブリが発生したことは確認されています。
 破砕時期:2014年5月10日
 破砕した際の軌道:845km×860km、軌道傾斜角:71°
※非常に速いスピードで落下しており、登録されている4個のうち、既に2個が大気圏に再突入しています。

これら3件の衛星破砕で注意すべき点は、これら事故が最も衛星が過密な高度750km~850kmで発生していることです。

(4)SOZ ullageモータ:グロナス衛星を打ち上げたプロトンブロックDM4段目
 SSNに登録された破砕物体数:15個
 破砕時期:2014年5月8日
 破砕した時期の軌道:420km×18,990km、軌道傾斜角:65°
※1989年からこの系列のモータの破砕が発生しており、今回は40回目の事故となります。

(5)SOZ ullageモータ:グロナス衛星を打ち上げたプロトンブロックDM4段目
 SSNに登録された破砕物体数:2個。5~7個の物体の存在が確認されています。
 破砕時期:2014年5月中旬 
 破砕した時期の軌道:865km×18,720km、軌道傾斜角:65°
※1989年からこの系列のモータの破砕が発生しており、今回は41回目の事故となります。

(6)コスモス862
 SSNに登録された破砕物体数:なし。2個の物体の存在が確認されています。
 破砕時期:不明
 破砕した時期の軌道:110km×14,990km、軌道傾斜角:62°
※破砕の原因は空気抵抗上の問題で、存在が確認されている2個の物体は大気圏に再突入しており、今回のデブリを発生させたコスモス862由来の物体も2014年5月29日に大気圏に再突入しています。

(7)タイタン3C transtageロケット:
 SSNに登録された破砕物体数:不明。5個物体の存在が確認されています。
 破砕時期:2014年6月4日
 破砕した時期の軌道:35,970km×37,130km、軌道傾斜角:8.7°
※今回はこのタイプのロケットの4回目の破砕事故です。

「NASA Orbital Debris Quartly News Volume18,Issue3 July 2014」より


◇◆3.紹介コーナー

◆テレビ朝日にて宇宙関連番組放送

1/17(土)午前10:50~11:45、テレビ朝日(一部地域を除く)にて、「修造学園~試練!僕らの宇宙飛行士ミッション~」が放送されます。
番組には当財団も協力しておりますので、ぜひご覧ください。

番組ホームページ
http://www.tv-asahi.co.jp/shuzo/


◆無重力簡易実験応募キャンペーン

三幸製菓株式会社様及び株式会社ステータス様において、無重力簡易実験に応募できるキャンペーンを実施しております。
ご興味のある方は、この機会にぜひご応募ください。

三幸製菓株式会社様ホームページ
http://www.sanko-uchu.com/

株式会社ステータス「激レアバイト事務局」様
http://townwork.net/twc/info/super/index.html?svos=SCP01010101rarejob201501


◇◆4.宇宙関連商品紹介

◆着用型船外活動服(EMU)ご活用紹介

当財団の着用型船外活動服(EMU)をご活用いただいた「六本木歌舞伎BMWポスター」の紹介です。

伝統的な歌舞伎はもちろん、映画、TVと広く活躍する市川海老蔵さんが出演する「六本木歌舞伎」のポスターに、当財団の船外活動服EMU(顔出し)をご活用いただきました。
このポスターは、特別協賛であるBMWが海老蔵さんの誕生日プレゼントとしてBMWi3を贈った際にお披露目されました。
画面の中ですっかり宇宙のヒーローになり切った海老蔵さんをご覧になってください。
ポスターは、ABKAI市川海老蔵ブログ(2014-12-5 12:32:58)でご確認いただけます。

六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事」
http://www.roppongikabuki.com/

ABKAI市川海老蔵ブログ(2014-12-5 12:32:58)
http://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-11960861590.html

 

■…配信停止はこちらへ
    https://d.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=jsforum
■…ご意見・ご要望はこちらへ
    jsf-mm@jsforum.or.jp

発行:(一財)日本宇宙フォーラム
http://www.jsforum.or.jp/
人と宇宙をもっと身近に。

PAGE TOP