最新情報

2015.12.21
お知らせ「理事長の独り言 第8号」を掲載しました

hitorigoto_top.jpg

 

【第8号】 「あかつき」とノーベル賞

                                平成27年12月21日

 

(「あかつき」の金星周回軌道投入成功)

JAXAの12月9日発表によれば、「あかつき」を7日に金星周回軌道投入することに成功したとのこと。「あかつき」は2010年5月にH-IIAによって打ち上げられたが、同年12月に主エンジンの故障によって、金星周回軌道入りに失敗。今回は姿勢制御用の小型エンジンを20分28秒噴射させるという離れ業による、打ち上げから5年たっての快心のリカバリーショットだ。この成功には、金星と「あかつき」の綿密な軌道計算も必要であったようだし、「再起」を賭けた過去5年間の関係者の執念と努力が実を結んだものだ。

 

(「はやぶさ」、そして「あかつき」)

今回もメディアの関心は高く、多くの報道があった。「今回も」というのは、「はやぶさ」の地球帰還以来だからである。「はやぶさ」は、何とか目的地の小惑星「イトカワ」に着陸したが、各種機器の故障や不具合から、当初計画から3年遅れの2010年6月、60億kmの宇宙の旅を終えて漸く地球大気圏に再突入、満身創痍の帰還と言われた。同年11月、「はやぶさ」のカプセル内から回収された岩石質粒子の大半が「イトカワ」のものと分かり、「はやぶさ」は確かに「イトカワ」からの試料採取に成功したことが判明。「あかつき」については、むしろこれからが本番であり、本格的な金星観測に期待が集まる。

 

(日本人の「こころ」)

「はやぶさ」にしろ「あかつき」にしろ、なぜ人々はこんなに注目し、興奮し、称賛するのだろうか。「人は試練や困難に遭遇したときほど自らが試される。それらを乗り越えるには強い精神力が要る。」人々はそのことをよく知っている。「はやぶさ」や「あかつき」に共感するのは、「自分も困難に打ち勝つ強い人間でありたい」という思いを実現しているからではないだろうか。日本人の道徳観や価値観からすると、「はやぶさ」の7年がかりの苦難の地球帰還や「あかつき」の5年忍耐の軌道投入は、そこにあたかも“人生の理想”に重なる部分を見る思いが交錯するのであろう。

 

(ノーベル賞とニュートリノ物理学)

「あかつき」の軌道投入成功と時期を同じくして国民的な関心を集めたのがノーベル賞である。昨年の青色LED発明に対する3名の日本人科学者へのノーベル物理学賞授与に続き、今年も大村 智北里大特別栄誉教授が生理学・医学賞、梶田隆章東大宇宙線研究所長が物理学賞を受賞された。授賞式は恒例に従い、アルフレッド・ノーベル命日の12月10日にストックホルム市内のコンサートホールで行われた。梶田先生は岐阜県飛騨市の観測装置スーパー・カミオカンデを使い、素粒子ニュートリノに質量があることを発見、これは、宇宙の構造の理解に極めて重要な常識を覆す発見で、宇宙論にも大きな影響を及ぼしたという。ニュートリノ物理学創始者であり、同分野の最初のノーベル賞受賞者が梶田先生の師でもある東大特別栄誉教授の小柴昌俊先生である。小柴先生がノーベル物理学賞を受賞された2002年は田中耕一氏が同時に化学賞を受賞、筆者は遠山文部科学大臣(当時)の随行者として、計らずもその時のノーベル賞授賞式に参加できる幸運に恵まれた。今振り返ればおそらく生涯で一度のかけがえのない機会であったかと思う。スウェーデン国王夫妻をはじめ王族の方々や世界中からの来賓約1800名の見守る中で整然と行われた式典は、美しさと華やかさの中にも、ノーベル賞100年の重みに相応しい品格と荘厳さ、に満ちていた。

 

(科学衛星観測からノーベル物理学賞を!)

日本人のノーベル賞受賞者は今年で24名になり、うちノーベル物理学賞は11名の最多だ。今回の梶田先生の受賞は宇宙論に関係するが、同先生を含め7名が素粒子物理学、江崎玲於奈先生ら4名が半導体分野の受賞者で、宇宙物理学や天文学での受賞者はいない。「はやぶさ」も「あかつき」も難しい技術的トラブルを克服したことは、日本の宇宙技術の高い水準と我が国の研究者の優れた科学的、技術的能力を示し、誠に逞しい限りである。ただ、重要なのは宇宙や惑星に関する謎を解く新たな発見があるかどうかである。それによって、大宇宙、太陽系、地球、生物、人類の各存在の起源などをどこまで明らかにできるのか、きっと人々はそこに大きな関心を持っている。「イトカワ」の岩石質粒子から小惑星について何が分かったのだろうか。今後、「あかつき」の観測で金星の何が明らかになるのか。研究者の皆さんの積極的な発信を期待したい。メディアもその成果を広く取り上げて国民に知らせてほしい。日本の科学衛星による宇宙の観測の成果から、日本人研究者がノーベル物理学賞の栄誉に輝く日が来るのを期待して待ちたい。

 

akatsuki.jpg

 

【理事長の独り言 バックナンバー】

【第1号】“中年の星”油井亀美也さん宇宙へ飛び立つ!

【第2号】夏の特別展「宇宙への挑戦」

【第3号】「こうのとり」が運ぶもの

【第4号】「宇宙の日」と有人宇宙飛行

【第5号】スペースデブリ(宇宙ごみ)をどうするか?

【第6号】衛星設計コンテスト

【第7号】国際宇宙ステーション(ISS)への参加の意義

PAGE TOP