最新情報

2011.12.02
お知らせ第19回衛星設計コンテストの最終審査結果がアップされました

第19回衛星設計コンテストの最終審査結果が衛星設計コンテストのHPにアップされました。

 

衛星設計コンテストとは、高校生から大学院生までを対象とし、

小型衛星をはじめとする様々な宇宙ミッションのコンセプト、アイデア、

設計構想等の自由な発想を募集・審査するものです。

JSFは8回目から主催者として参加しており、事務局も担当しています。

 

11月12日(土)、東京都千代田区の一橋記念講堂において

第19回衛星設計コンテスト最終審査会が開催され、

一次審査を通過した全11テーマの中から高専生、大学生、

大学院生による設計の部、アイデアの部、

高校生によるジュニアの部の3部門で以下のとおり大賞を決定しました。

 

設計大賞: 名古屋大学 「電気力学テザー実証衛星『Pisces』」

アイデア大賞: 東京工業大学 「小惑星深部CT観測衛星『ACTIS』」

ジュニア大賞: 山口県立山口高等学校 「ヒドラの重力走性」

 

なお、ジュニア大賞の山口高等学校は日本宇宙フォーラム賞とのダブル受賞を

果たしています。

 

当日は、コンテスト実行委員会幹事を務めるJAXAの宇宙科学研究所 齋籐宏文

教授と、学生時代に「れいめい」開発・運用に関わった長尾剛司氏、米津啓子

氏による特別講演「6年目を迎えたオーロラ観測小型衛星れいめい-JAXAスタッ

フと学生の学び舎-」も行われました。

実際の小型衛星開発・運用に関わった、また衛星設計コンテスト出身者でもあ

る先輩方の話を聞くことにより、参加学生にとっては研究への意欲向上、また

今後の参考となったのではないでしょうか。

受賞者の皆さん、おめでとうございます。

 

各賞の受賞チーム、衛星設計コンテストの詳細はこちらをご覧ください。

 

 

eikon_1.jpg eikon_2.jpg

設計の部 プレゼンテーション      アイデアの部 プレゼンテーション

 

eikon_3.jpg eikon_4.jpg

ジュニアの部 質疑応答の様子     表彰式

PAGE TOP