「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

28年度開催結果


2016年 絵画の部
絵画の部 審査委員長 講評

「宇宙とわたし」

わたしたち人類は、宇宙へ大きな一歩を踏み出しました。
現在、ロケットが地球から打ち上がり、国際宇宙ステーションや人工衛星が地球の周りを回っています。国際宇宙ステーションでは宇宙飛行士が生活し、地球を飛び出した探査機は新しい宇宙の姿を見せてくれます。
わたしたちは光や電波で宇宙を観測し、最近では重力波での観測も始まりましたが、宇宙はまだまだ未知の世界です。宇宙の果ては光でも138億年かかるほど遠く、宇宙の約95%はなぞのままです。
将来、皆さんは宇宙とどのようにかかわりますか?ロケットや宇宙船を作りますか?宇宙で暮らしますか?わたしたちの生活を豊かに安全にする人工衛星を開発しますか?宇宙のなぞに挑みますか?皆さんが望む宇宙とのかかわりについて作文や絵画にかいてみませんか?


 
グランプリ
文部科学大臣賞
メディアパートナー賞 朝日新聞デジタル賞

山口市立大殿小学校5年
佐々木 大壱

グランプリ
文部科学大臣賞
メディアパートナー賞 朝日新聞デジタル賞

宮崎市立田野中学校3年
田中 咲綺

特別賞
宇宙政策担当大臣賞

中央区立月島第一小学校1年
森田 紗瑛

特別賞
宇宙政策担当大臣賞

帯広市立帯広第一中学校3年
原 小夏

国立天文台長賞

練馬区立光が丘第二中学校1年
櫻井 陽一朗

宇宙航空研究開発機構理事長賞

相模原市立上鶴間小学校6年
水鳥 俊

日本科学未来館館長賞

盛岡市立上田中学校3年
山本 花

リモート・センシング
技術センター理事長賞

秋田市立寺内小学校4年
萩原 壮春


日本宇宙フォーラム理事長賞

大分市立西の台小学校2年
ブラン ルカ



もどる

PAGE TOP