「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

23年度開催結果


2011年 作文の部<小学生部門>入賞作品
(財)日本宇宙フォーラム理事長賞

うちゅう五七五のたび
北海道 むかわ町立穂別小学校3年  大宮 蒼子
 
  うちゅうまで ロケット発しゃ
  ワン・ツー・スリー
 わたしは、二年生のころから毎日、しゅ味で川りゅうを作っている。ごはんを食べている時や学校の帰り道など、ふっと五七五が頭の中にうかんでくる。もし、うちゅうに行ったら、どんな川りゅうができるだろう?
  なぞのえき うちゅうに列車が 走ってる
 きっとうちゅうでは、線路がぐにゃぐにゃいろんな方向にのびていて、見たこともないカラフルな列車がいっぱい走っているだろう。
  うちゅう人 ブランコゆらゆら 一回転
  長い手で くねくねダンス からまった
 うちゅう人を発見。あららら、ブランコがかってに動き始めた。だけど、うちゅう人はだいじょうぶ。安心してのっているようだ。友だちとダンスをおどっているうちゅう人もいる。何だかおどりにくそうだなあ。
  うちゅう人 だれがごはんを 作るのさ
  ごはんがね ぷかぷか浮いて 食べられない
  だいじょうぶ なっとうごはん くもの糸
 町にはうちゅう人がいっぱい。だけど、だれもごはんを作ってない。お母さんらしき人発見だ。でも、子どもたちと遊んでいるよ。うちゅうでは、頭にうかんだメニューがかってにとんでくるのか! ぷかぷかうかんだごはんは、とっても食べにくそう。どうしよう、と子どものうちゅう人がまよっている。でも安心。今日のメニューは、なっとうごはん。ねばねばがくものすのようになって、とんでいくのをふせいでいる。
  土星はね わっかがついてる ドーナッツ
  お月様 細いのだったら ウインナー
 わたしもおなかがすいてきた。土星も月も食べ物に見えちゃう。食べてみたいなあ。
  帰ろうか 日がくれるころ さようなら
  帰り道 天の川での ねがいごと
 そろそろ、うちゅう五七五のたびもおわりだ。帰り道、きれいな天の川に出会った。あんまりキラキラしていて、思わずはく手してしまった。
  お星さま 下から見ると ただの丸
 ぶじ地球に帰ってきた。ドーナツみたいだった土星も、さっきまで行っていたでこぼこの星も、地球から見たら、どれも同じまん丸。こんどは、うちゅう人といっしょに五七五大会をしたいな。

もどる