「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

18年度開催結果


2006年 作文の部<小学生部門>入賞作品
(財)日本宇宙少年団理事長賞

「生まれ変わった星」
練馬区立大泉小学校6年生  髙橋 優直
 
 「スペースライナー第十三便は、まもなく東京宇宙港に着陸いたします。」ぼく、郷星(さとぼし)人コトボシを乗せたライナーは音も立てずに蝶のようにウイングに止まった。ここから乗り継いだ「電車」という乗り物は、リニアモーターカーに慣れているぼくにとって、雑音や振動が多くてとても快適とはいえない。しばらく移動すると、地球人海直君の家に着いた。「やあ、久しぶりだねコトボシ君! ずいぶん背が伸びたね。超高層モビールタワーに引越したって、メールを読んだよ。」海直君と会うのは、幼稚園の時一緒に参加した宇宙祭以来だ。「海直君はすっかり太ったね。タワーは千百十一階建てだよ。ぼくの家は千階にあるから、地球で言うと富士山の頂上位の高さになるね。」「うへー、下まで降りるの大変じゃない。そうか、それでそんなにやせているんだね。」「いいや、家ごとにジェットエレベーターが付いてるよ。それにフライングカプセルに乗ったりフライングスニーカーをはけば、そのまま窓から外へ出かけられるんだ。」「郷星ってすごいなあ、行ってみたいなあ。」「コトボシ君、海直、夕食ができたわよ。」海直君のお母さんに呼ばれて、ぼくは海直君の家族と一緒にテーブルを囲んだ。晩御飯のメニューはポークカレーとトマトサラダ。「コトボシ君、どうしたの? 郷星のお父さんとお母さんのこと、思い出しちゃった?」気付くと、せっかくのカレーライスのお皿にぼくの涙がポタポタ落ちている。「そうではなくて……、す、すごいごちそう! ここしばらく本物の食べ物は見ていなかったんです。実は郷星では人口増加に食料生産が追いつかず、食事は『合成食料』という名の薬剤に頼っているんです。」
 「そうそう昔はこの地球にもそんなふうな時代があったねえ。」今まで黙ってお茶を飲んでいた海直君のおばあちゃんがポツリと言う。「温暖化、森林破壊、砂漠化……。それからオゾン層破壊に酸性雨、そりゃあ大変だったよ。」「えっ、信じられないな。こんなに美しく平和で住心地のよい地球に、昔、そんな環境問題があったなんて……。」「海直が産まれるずっと前のことですよ。でも、自然環境がすっかり破壊されてしまう前に地球のみんなが気付いて、地球人は協力し合ったの、自然を取り戻すために。そして、地球はすっかり元気になったのですよ。」おばあちゃんの話を聞いているうち、ぼくは郷星のことを思って恥ずかしくなった。毎週月曜日、郷星の体積の何倍ものゴミを宇宙のかなたへ捨てている。二酸化炭素もカートリッジに詰めて大気圏外へ送り出す。これは水曜日だったっけ。働いたりやっかいな作業をしたりするのは全てロボットの仕事だ。さっき海直君に自慢してしまったモビールタワーだって、酸性雨の害で建物がすぐに溶けてしまうので、そう長くは住めないだろう。それにタワー内は快適でも、一歩建物を出ると外は大気汚染がひどく、今では外出するのにガスマスクとボディスーツが必需品だ。そのためフライングスニーカーでバランスを取るのは結構苦労する。
 「コトボシ君、たっ、たいへんだ! 郷星のセントアルバトロス火山が大噴火を始めたって、今、宇宙ニュースで言っている!」
 海直君の叫び声で我に返った。なんと真っ黒な噴煙と真っ赤な溶岩がテレビの大画面を埋め尽くしている。ぼくは地球で過ごす予定だった夏休みを切り上げて、郷星へ飛んで帰った。
 二千百三十二年、森に囲まれた丘を流れる小川のほとりに建つ郷星環境省は、二階建ての庁舎すべての窓から真っ青な海を眺めることができる。その大臣室から地球環境大臣への電子メールが送られた。『地球環境大臣@地球へ。郷星で突然の火山大噴火があってから三十年が経ちました。すべての都市は一夜で壊滅してしまい、私は自然の威力に圧倒されました。幸い、私は地球訪問中で、両親はシェルター内に避難しており無事でした。その後私は中学生になり、科学や数学、歴史や他の惑星のことを一生懸命学び、今では郷星環境大臣として、郷星人にとってかけがえのないこの星の環境を守るために頑張って仕事をしています。三十年前、大噴火で何もかもなくなってしまったけれど、郷星人は元々の美しかった自然を取り戻すため協力しました、二十一世紀の地球人のように。そして今では地球に負けない美しい自然のある星に生まれ変わりました。海直地球環境大臣、今度ぜひ郷星へ遊びに来て下さい。畑でつくった新鮮な野菜がたっぷり入った自慢のカレーライスとサラダをごちそうします。海や山、畑で穫れたおいしい食べ物を毎日たくさん食べて、すっかり太った私を見てください。海直大臣のおばあちゃんも郷星へ一緒に来られるように、シルバーライナーを迎えに送ります。生まれ変わった星を見てください。郷星環境大臣コトボシ@郷星より』


もどる