「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

12年度開催結果


2000年 作文の部<小学生部門>入賞作品
宇宙開発事業団理事長賞

「宇宙サミット体験ニュース」
加古川市立野口小学校4年  内橋 美怜
 
 私は今、子供宇宙サミットが開かれている宇宙ステーションに来ています。

 地球の代表の一人として参加しています。

 人類は二十一世紀の初めから宇宙にどんどん進出し、今では火星育ち・木星育ち・土星育ちなどの子がいっぱいです。子供宇宙サミットは四年に一回開かれ、子供のうちから、いろんな星の子たちと情報交かんして、宇宙全体を一つのまとまりにしていこう、宇宙を理解しさらに宇宙を解明しようとする集まりです。

 今日は、初日なのでバイキングパーティーです。子供たちに大人気のコスモスナルドのハンバーガーもあります。オレンジ色のマーズジュースもあります。みんなが友好の印として持ってきたピンバッチを交かんしています。もちろん形は自分の星です。人気があるのは、一位〈土星〉 二位〈地球〉 三位〈木星〉です。特ちょうのある星に人気が集まっています。でも、私はボコボコしたムーンバッジがかわいいと思います。

 さて、宇宙子供サミットといっても下は九才から上は十八才の子がいます。また、十才の子が十三才の子より大きい子もいます。

 どうしてこんなちがいが起こるのでしょうか。

 これは、それぞれの星の一年の日数がちがい、自分の星の星年令で参加しているからです。大きさがちがうのも星の重力のちがいによるものです。ちなみに子供宇宙サミット参加者の平均身長は一六五センチです。私は、一五〇センチで地球の平均です。同じ人間でも育つ所で体まで変わるようです。

 今年の宇宙サミットのテーマは『融合』。子供たちは自分たちの星の土と植物の種を持ってきています。宇宙ステーションの真ん中にサミットヤードがあり、すべての土と種をまぜます。将来、ここですべての星の植物が見られるようになればすてきでしょうね。もちろん、これらの植物の成長は宇宙ネットで全宇宙に配信されます。

 フィナーレは、宇宙花火です。本当のロケットが花火をつんで発射してくれます。これこそ本当のロケット花火です。この模様は地球時間の今夜十時から宇宙ネットで見られます。

 では、リポートを終わります。


 カーット。

 おつかれさまでした。

 あー。緊張した。初めてのリポートニュースわかりやすかったかしら。ちょっとつまったところもあったけど??。

 私もサミットパーティーに参加していろんな宇宙の子といっぱい仲良くなるぞー。


 二十一世紀中にはこんなサミットが開かれるといいなと思います。その頃、私は子供じゃなくて残念……。


終わり


もどる