「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

10年度開催結果


1998年 作文の部<中学生部門>入賞作品
文部省宇宙科学研究所長賞

「笑顔と幸せに満ちた青い星」
八戸市立市川中学校3年  濱 弥雪
 
 いつも家族がとなりにいて笑っている自分がいる。これが私の一番幸せな時です。こんな時がいつまでも流れていけばいいな。毎日毎日こう思える日がずっと続けばいいな。これが私の夢、そしてプレゼントしてほしいものです。

 「宇宙の子」それは私達です。地球は遠い昔ありませんでした。それが隕石の爆発などにより宇宙のオアシス、地球になりました。そして海から生物が誕生し、人間へと進化していきました。この地球もまた、もう何十億年も前の私達へのプレゼントだったのかもしれません。あらゆる生物が住む、この地球。きっとみんな“平和”や“幸せ”を心の中で願っているはずです。でも私は今のままでは、地球で生きているすべての宇宙の子が幸せになることが叶えられないと思います。それは、まず自然です。山の木が大量に切られ、スモックがかかった空では、木や空、そして動物や植物達の幸せを叶えることができません。そこで、宇宙人へ第二のプレゼントを頼みます。十二色のクレヨンを。このクレヨンは、少しずつ水で溶かして使うものです。ちょっと色をぬっただけで、すぐその色が広がります。そしてクレヨンは不思議で、元の自然の姿に戻すことができます。例えばなくなってしまった木や森。これは緑と茶色などのクレヨンを使いその絵を描きます。するとその場所にはえていた、元の姿に戻すことができます。灰色の濁った空も、前のように澄んだ青色に戻すことができます。そしてこの自然の中で、動物や植物達は、本来の生活に戻り、幸せになってほしいです。

 けれども人間の世界でも、みんなが幸せというわけではありません。他人のことを考えないで行動する人もいれば、自分の考えを押し通そうという人。さまざまです。みんなの考えが一致するということは難しいから、他人のことを第一に考えることができる“思いやり”の種を、宇宙人からまいてもらいます。全員が他の人のことを考えられるようになると、戦争なんてことは絶対起こらないし、人種などの差別もなくなるんじゃないか、と思います。この思いやりの種は今、すべての人の心の中にあります。もう宇宙人からまいてもらいました。すべての宇宙の子に。でもまだ気づいていない人もいます。しかしその人の種は、ゆっくりゆっくり確実に成長していってると思うのです。まだほんの小さな芽でも。小さなおもいやりの花がたくさん集まると、戦争なんてことは地球から永遠に消えてしまうでしょう。

 そして最後に、宇宙からプレゼントしてほしいもの。それは“笑顔”です。形だけじゃなく、心の底から喜んだり楽しんだりできる本物の笑顔を、地球に住んでいる全員にプレゼントしてほしいです。誰一人腹を立てることなく、悲しい涙を流すこともなく、見ているとこっちまで幸せになるようなそんな笑顔。地球のみんながこんなふうに暮らしていたら、きっと地球だって、もっとイキイキとしてくるような感じがします。

 現代に生きる多くの人達は、たぶん宇宙からのプレゼントに気づくことなく生活しているでしょう。もともとあったものだ、とかあってあたり前なんて思っていると思います。でも私は、地球は宇宙からの私達への贈り物だと、星空を見ていて思いました。何万億の星の中の一つ地球。その中に私達が生きている。とても不思議に思えました。そして私達の星と双子の星、“天球”というものがありそうな気がしてきました。地球と同じように、宇宙から命を宿されたものです。“地球”という名前も、もしかしたら宇宙人がつけたのかもしれません。この星にピッタリの名前を。

 この果てのない宇宙に住んでいる宇宙人は、高度な文明を持っているのではないでしょうか。そして今、外に浮かんで消えていくUFOは、きっとスパイなのかもしれません。地球はどうなったか、私達のあげたプレゼントを正しく使っているかなど、いろいろなことを調べているのかもしれません。

 「十二色のクレヨン」、「思いやりの種」、「笑顔」。宇宙の子すべてが幸せになるようにと、込められた私達への贈り物です。そして私達が今、足をつけている地球。一人一人の人間の思いやり、笑顔。大自然の雄大な姿。青い星、地球。みんなが一つになれば大きな澄んだ色の花が、地球全体に花開くと思います。宇宙からの地球へのさまざまなプレゼント。そのお返しは、地球を元の青い星に戻してあげることだと思うのです。そして宇宙全体を笑顔と幸せに満ちた次元にする、第一歩となることだと思います。

 「地球は青かった。」この、ガガーリンさんの見た地球よりも、もっと澄んだ地球を宇宙人と眺めてみたいです。笑顔と幸せに満ちた青い星を。


もどる