「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

9年度開催結果


1997年 作文の部<小学生部門>入賞作品
宇宙開発事業団理事長賞

「ガッツ君への手紙」
旭川市立神楽小学校・4年  上中 彩
 
「宇宙人代表ガッツ君へ
 特別しょうたい券
 この券は、ガッツ君たちが地球に遊びにこられる特別しょうたい券です。好きな時に来てください。待っています。

 地球人代表 彩より」

 この前は、しょうたいじょうありがとう。ガッツ君たちの星へは、明日行きたいと思っています。明日、わたしたちが宇宙へ遊びに行く時は、わたしのクラス全員で行きます。男子は、先生がいないとうるさいので先生もいっしょに行きます。クラスの人数は三十四人なので、先生一人と合わせて全員で三十五人で行きます。先生は三浦先生と言い、女の先生で、優しいです。勉強が大好きで、おもしろいことを言うと、すぐ笑います。朝はとても早く学校に来てくれています。わたしはさか立ちが大好きで、ピアノも好きな女の子です。会った時は、さか立ちを見せてあげます。
 宇宙で遊ぶ時は、大根ぬきをやりましょう。やり方は、みんな、何本か立っているぼうにつかまって、ねころがります。そして、おにの人がだれかの足を引っぱり、ぬけたら、ぬかれた人もいっしょにおにになります。足には、ぬきにくい足と、すぐぬける足があります。わたしは、ぬきにくい大根足です。友だちは、「早くぬいて、わたしの大根足くさってきちゃった。みんなにうつってしまうよー。」と言います。ガッツ君たちにも、足は、もちろんありますよね。
 わたしたちは、プレゼントにケーキという食べ物と、たまごっちという、今、地球で、はやっているゲームを、持って行きます。それから、ガッツ君におねがいがあります。わたしたちは、地球の動物、ぞうを持って行くから、ガッツ君も、宇宙の動物を一つ用意してください。宇宙の動物と地球の動物をこうかんしましょう。ぞうは、鼻の長い大きな体の動物です。宇宙の動物は、どんなのかとても楽しみです。
 次の日は、星の上に、きちを作りましょう。ガッツ君、わたしは、きちの形を考えたよ。まず、八角形の星で、まどは、とけないこおり、ドアは四角い形の星のドア、いすは、真っ白雲。れいぼうは、雪で作って、冷ぞう庫は、水色の雲にして、じゅうたんは、ふわふわ緑の雲にしたらどうかなあと思ったのですが、どうですか。地球からは、電話とカメラを持って行きます。電話というのは、遠くにいる人でも番号をまわすと、話しができる物で、便利です。カメラという物は、ボタンをおすと、写真がとれます。電話は、わたしたちの親が心配したらこまるので、持って行きます。カメラは、記念に、ガッツ君たちと写真をとりたいと思っています。いっしょにとりましょう。そして、きちができたら、いつでも遊びましょう。また、ガッツ君の友だちの名前も、教えてください。わたしたちの名前も教えてあげます。ガッツ君、おぼえてくださいね。
 わたしたちは、ガッツ君に会えるのを、楽しみにしています。明日は、よろしくね。男子たちには、うるさくしないように、注意をしてから行くけれど、とてもうるさかったら、ごめんなさい。そして、おこってやってくださいね。ガッツ君の学校の男子も、うるさかったら、ちょうどいいのだけれど、きっと、しずかなのだと思っています。わたしたちが宇宙へ行ったら、ガッツ君たちも、地球へ来てくださいね。わたしのクラス四年二組は、待っています。ぜったい来てください。ガッツ君のUFOに乗れる日を楽しみにしています。わたしも、わたしの新車の自転車をかしてあげます。さようなら。


もどる