「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

8年度開催結果


1996年 作文の部<小学生部門>入賞作品
宇宙開発事業団理事長賞

「銀河旅行会社へようこそ」
穂積町立穂積小学校6年  浜口 智之
 
「ただ今よりこのロケットは、火星けいゆ、土星へと飛び立ちます。シートベルトをしっかりしめて下さい。」
と、スペースレディが旅先をつげる。
 西暦二千××年ぼくたちを乗せて旅立つ。
 今回の旅は火星の岩石を登るロッククライマーツアーと土星の輪でスケートをするリングアイスツアーの二つの目的でロケットに乗りこんだ。ぼくはこの旅行の計画者だ。
 まず、火星の楽しみ方を教えよう。赤い星、火星は太陽系にあり、惑星で七番目に大きな星だ。この星に、今では二日で行けるようになった。火星旅行が人気のあるわけは、地球に似ているからだろう。なぜなら火星には、二つの月がある。フォボス、ダイモスと言う。
 このフォボスにおりて、火星をながめるのもおすすめだ。火星がいまにも顔のすぐそばまで近づいてくる経験ができるのだ。
 ごつごつしたフォボスを通りすぎ、火星に到着する。服は特殊せんいからできているものに着がえる。くつも、スプリングの付いた軽いブーツにかえ、行動しやすくする。このような服を着て、火星けい谷へと向かう。
 このけい谷はながめがすごくいい。とてつもなくそびえたつ、ぬりかべのようなぜっぺきだけど、一歩一歩登り始めると火星が身近に感じられ宇宙の大きさ、エネルギーの強さがわかったように思える。旅行客に人気の鉱物採集もおもしろい。ちょうど地球の潮干がりのようで、鉱物を集めて係の人にわたすと、宇宙カードがもらえる。このカードを五枚集めると、土星のアイスリングスケートが楽しめるのだ。アイスリングスケートというのは、土星の氷の輪にうまく乗りこめばスリルいっぱいで、今まで長かった旅行もよかったと思えるだろう。宇宙遊泳をしながら土星の輪まで近づき、スケボーに乗る調子で飛び乗れば、あとは氷のステージでスケートが楽しめる。土星の氷は色がまるでネオンのように変わる。この氷をみんなは、レインボーリングと呼びアイスショーの主人公みたいにスケートが楽しめる。実は、このレインボーリングの色は、太陽の光を集め反射させて色付けしたものだ。燃料を入れるためにと中、木星による。ヘリウムガスがロケットの燃料なのだ。もう一つ今計画中の旅行がある。
 それは、金星への旅だ。大きさはちょうど地球に似ている。金星に大きなドーム植物園を造り、太陽の熱を使用して、バナナやパイナップル、マンゴーがとれる施設を作る。ドームの中には、つまり、熱帯植物園になっているのだ。金星の環境をかいてきにして、くだものがりができるのなら楽しい旅になると思う。くだものがりのあとは、太陽熱を利用して作った岩石ぶろに入るのをおすすめします。
 宇宙をながめて入るおふろは、きっとすばらしいながめにちがいない。
金星の気圧は地球では考えられない力で物をおしつぶしてくる。この力を利用し、ごみをちぢめて処理する場所を作れば、宇宙をごみでうずめるような事はなくなるだろう。
 この銀河旅行会社には三つのルールがある。

(一)他の星に旅行した時、ごみをすてないこと。
(二)なにごともおそれず、進んで行く勇気を持つこと。
(三)どんな環境の星であっても、宇宙人がいても共に生きていこうという気持ちを持っていることの三つだ。

 この三つが心の中にあれば、いつでも旅行することがゆるされる。旅をすることで、さまざまな文明を知り、自分を見つめなおし、新しい出発がきっとあると思う。
 地球からにげ出す出発ではなく、地球のことを考えての宇宙の出発であるならば、まだだれも見たことのない星へたどりつき、きっとすばらしい世界があるにちがいない。
 そんな銀河旅行会社の旅に参加しませんか。


もどる