「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

星ノ介くんのへや

星ノ介くんは、9月12日の「宇宙の日」のキャラクターとして、1994年に開催された「全国小・中学生 作文絵画コンテスト」のみなさんの応募の中から生まれました。
みなさんがもっと宇宙のことを好きになってくれるように、もっと宇宙のたのしさが伝わるようにがんばります!

星ノ介くん

「宇宙の日」キャラクター 星ノ介くん

星ノ介くんプロフィール

なまえ:星ノ介くん(ほしのすけくん)
たんじょうび:9月12日(宇宙の日)
うまれたところ:地きゅうから とおくはなれたほし
すきなもの:ほしのかたちをしたもの
くちぐせ:宇宙ってたのしい~!
ゆめ:みんなに宇宙のたのしさをしってもらうこと
かぞく:おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん

地きゅうのみんなに宇宙のたのしさをしってもらうために、とおくのほしからはるばるやってきた星ノ介くん。
あたまのアンテナはいろいろなものをじゅしんできる。
おなかのまわりは「みんなと宇宙をつなぐ」かがやく輪(わ)。

トップページへもどる