「一般財団法人日本宇宙フォーラム」トップページへもどる 「宇宙の日」ホームページへ戻る
「宇宙の日」ホームページ

 

「『宇宙の日』ふれあい月間」とは


  「宇宙の日」「世界宇宙週間」を含む9月初旬から10月上旬までを「『宇宙の日』ふれあい月間」とし、集中していろいろな宇宙関連行事を行うことになっています。

  「『宇宙の日』ふれあい月間」は、期間中のイベントの一体感を醸成し、相乗効果により、より多くの方々に「宇宙」、「宇宙開発」、「宇宙の日」を理解してもらうことを目的としています。

世界宇宙週間とは?

国際連合は、2000年に宇宙科学技術が人類の発展に貢献したことを記念して、10月4日から10月10日までの1週間を国際レベルで祝する「世界宇宙週間( World Space Week)」とすることを宣言しました。

特に、10月4日は、1957年に人類初の人工衛星「スプートニック1号」が宇宙に飛びだし、宇宙空間の探査の道を拓いた日であり、10月10日は、1967年に「月その他の天体を含む宇宙空間の探査及び利用における国家活動を律する原則に関する条約」(宇宙条約)が発効した日であることを考慮したものです。

参考:国連世界宇宙週間  http://www.spaceweek.org/

トップページへもどる