持続的宇宙開発と宇宙状況認識推進のための国際シンポジウム

シンポジウム概要

持続的宇宙開発と宇宙状況認識推進のための国際シンポジウム ~ 過去を学び、共に今を未来へ ~

東京工業大学大学院総合理工学研究科は、1980年代末に貿易アンバランスを反映した米国の「スーパー301条」による日米間の軋轢が、宇宙開発全般に及ぶことを避けるため構築された日米科学技術宇宙応用プログラムJUSTSAP(Japan-US Science, Technology and Space Application Program)に参加し、両国の産官学が個人レベルで自由に話し合える場での幅広い活動を15年以上にわたり先導してきました。
また、日本宇宙フォーラムでは、「宇宙状況認識」の重要性に鑑み、平成23年度を皮切りに、「スペースデブリ、今まさに、実効的な対応を」(平成24年3月1-2日)、「アジア太平洋地域における国際協力体制構築の期待」(平成25年2月28日-3月1日)、「SSA活動に関するグローバルパートナーシップの強化に向けて」(平成26年2月27-28日)を副題として、人類の持続的宇宙開発利用のための国際会議(International Symposium on Sustainable Space Development and Utilization for Humankind:IS3DU)を開催してきました。
これらの取組みは、「一国の優位性」や「一国の利益」を主張して済むものではなく、「地球規模での多くの国の認識と理解」を喚起すべきものであり、現状のグローバルな社会環境において、我が国が橋渡し役として忍耐強く継続することが最善であると考えます。そのために今年度は双方の取組みを一体化したシンポジウムとして開催いたします。

主 催 東京工業大学大学院総合理工学研究科
一般財団法人 日本宇宙フォーラム
日 時 2015年 2月26日(木) 10:00~17:30
2015年 2月27日(金) 10:00~17:30
場 所 THE GRAND HALL
東京都港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー 3F
後 援(申請中) 内閣府宇宙戦略室、総務省、外務省、文部科学省、経済産業省、 防衛省、一般社団法人日本航空宇宙工業会、日本マイクログラビティ応用学会
展示参加 Analytical Graphics Inc.、LSAS Tec株式会社、株式会社IHI、
株式会社IHIエアロスペース、日本電気株式会社、
NEC東芝スペースシステム株式会社、
HIREC株式会社、富士通株式会社、
三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社

主催・お問合わせ先

一般財団法人 日本宇宙フォーラム
E-mail:debrisympo@jsforum.or.jp
TEL:03-6206-4935
FAX:03-5296-7010

サイトポリシー

*応募いただきました個人情報につきましては、日本宇宙フォーラムにて管理し、本シンポジウムの運営のみに使用します。法令などにより開示を求められた場合を除き、個人情報をご本人の同意を得ることなく募集業務に関与する者以外の第三者に開示することはありません。
詳しくは日本宇宙フォーラムの個人情報保護ページをご覧下さい。